人見知りを克服する方法6選〜人見知りは克服できる!〜

自分から話しかけることができない

初対面の人と上手く話せない

 

このように人見知りをしてしまうことってありませんか?

 

特に日本人は人見知りが多いと言われていて、こういった経験をしたことがある方は多いと思います。

 

そのため、人見知りを克服したいと考える方も多いでしょう。

 

そこでこの記事では、そんな人見知りを克服したいというお悩みを徹底解決していきます。

 

具体的には、

 

  • 人見知りの4つの特徴
  • 人見知りを克服する方法6選

 

の順番に紹介していきます。

 

10分程で読めますし、すぐに実践できる内容になっていますので、ぜひご一読下さい!

 

人見知りの4つの特徴

 

まずは人見知りの特徴を4つ紹介していきます。

 

人見知りを克服するために、人見知りがどんな特徴を持っているのか知ることから始めましょう。

 

そして、人見知りの特徴を知った上で克服へとつなげていくのです。

 

自分のことを人見知りと思っている方は、きっとどれか1つには思い当たるはずです。

 

 

 

狭く深い人間関係の方が好き

 

人見知りの人は狭く深い人間関係を好む傾向があります。

 

そのため、多くの人と仲良くなりたいというよりも、一部の特に親しい人といつも一緒に居たいという気持ちが強いのです。

 

ですので、友達の数は決して多くありません。

 

しかし、その分友達と認めている人に対してはとても優しく接してくれます。

 

ですので人見知りの人と友達になると、とても親しい間柄になることができますよ。

 

 

初対面の人との会話に緊張する

 

人見知りの人は初対面の人との会話に緊張するという特徴があります

 

多くの人が人見知りと言えば、この特徴を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

ではなぜ緊張して上手く喋れないのか。

 

それは自分では面白い話と思っていても、相手にとっては面白くない話かもしれないと考えてしまうから。

 

そうやって不安に感じてしまい、緊張して会話をすることができないのです。

 

ですので、人見知りの人は初対面の人との会話が苦手なのです。

 

 

 

意思疎通が苦手で他人にも関心が低い

 

人見知りの人は、意思疎通が苦手で他人にも関心が低いという特徴があります。

 

ですので自分から話しかけることができず、会話の中でも聞き役でいることが多いです。

 

また、他人に興味がないので会話の中で質問をすることもできません

 

そのため、会話が続かず上手くコミュニケーションが上手く取れないのです。

 

 

 

大勢で集まるよりも1人の方が好き

 

人見知りの人は、大勢で集まるよりも1人でいる方を好む傾向があります。

 

なぜなら、他人と一緒にいることが苦手だから。

 

例えば大勢での集まりがあっても、上手くコミュニケーションを取ることができません。

 

その結果、1人でぽつんと座っていることが多いのです。

 

人見知りの人は、他人と一緒にいるよりも1人の方が楽なんですね。

 

 

 

 

人見知りを克服する方法6選

 

人見知りの特徴は理解できたと思います。

 

それでは、ここから実際に人見知りを克服する方法を6つ紹介していきます。

 

すぐに実践できるものばかりですので、ぜひ試してみてください!

 

 

 

他人に偏見を持たないようにする

 

人見知りの人は他人への偏見が強い傾向があります。

 

なぜなら、物事のネガティブな部分ばかりを見ているから。

 

ですので他人に偏見を持たないようにするためにも、物事のポジティブな部分を見るようにしていきましょう。

 

例えば、自分のいないところで自分のことを話されていたとします。

 

この時に陰口を言われていると考えるか、自分のことを褒めてくれていると考えるかは自由なのです。

 

ですので、この場合はポジティブに「自分のことを褒めてくれているんだ」と考えるようにしましょう。

 

このように、まずは物事のポジティブな部分を見ることを習慣づけることが大事。

 

ポジティブな部分を見るようにして他人への偏見がなくなると、もっと気軽に他人と接しやすくなります。

 

 

 

全員に好かれることを諦める

 

人見知りを克服するためにも、全員に好かれることを諦めましょう。

 

人見知りの人は、全員に好かれたいという思いを少なからず持っています。

 

全員に好かれようとして、お人好しな自分でいようとするから苦しくなるのです。

 

考えても見てください。

 

人類全員から好かれるような人間なんてこの世に1人もいません。

 

どんなにトップスターで人気者でも、価値観などの違いで嫌う人は必ずいます。

 

ですので、全員に好かれることはすっぱりと諦めましょう。

 

 

 

会話は途切れるのが普通と思うようにする

 

人見知りを克服するために、会話は途切れるのが普通と思うように意識づけをしましょう。

 

人見知りの人は会話が途切れることを恐れて、人との接触を避けることがあります。

 

しかし、実際のところ会話が途切れるなんてことは良くあります。

 

よっぽど仲の良い人と話すか、お互いがおしゃべりでない限り会話は続かないでしょう。

 

ですので、会話が続かないことを必要以上に恐れずにコミュニケーションを取るようにしてみてください。

 

それでも沈黙が耐えられないという方は、事前に話題を用意しておくなどの対策をしておくと良いでしょう。

 

 

 

挨拶を自分からする

 

挨拶を自分からすることは、人見知りを克服する方法として一番簡単かつ効果的です。

 

なぜなら、挨拶は自分から声をかけるという成功体験を繰り返し体験することができるから。

 

しかも短いフレーズで一瞬話しかけるだけなので、とてもハードルが低いです。

 

この自分から話しかけるという成功体験を毎日繰り返すことで、自信がついて会話もできるようになっていきます。

 

何より、挨拶をされて気分が悪くなる人はいません。

 

むしろ気分がよくなり、そこから会話に発展することも多くなるでしょう。

 

挨拶はすぐにでも実践できることですので、今からでも始めてみましょう!

 

 

 

相手に興味を持つ

 

人見知りの人は他人への興味がありません

 

そのため、特に初対面の人には質問ができず会話が盛り上がらないのです。

 

ですので、まずは他人に興味を持つという意識を持ちましょう。

 

とは言っても、簡単に他人に興味が持てたら苦労しませんよね。

 

そこで、このように考えるようにしましょう。

 

人は1人では生きていけない、出会いは人生において最も大切な要素だ

 

この考えを持つことで、他人にも興味が持てるようになります。

 

他人に興味を持つことで質問上手になって、人見知りを克服していきましょう。

 

 

 

自分のことを好きになる

 

自分のことが好きで自信に満ち溢れている人って、人見知りが少ないですよね?

 

ですので、人見知りを克服するためには自分のことを好きになりましょう。

 

自分を好きになる方法は簡単です。自分の長所を見つけてあげればいいのです。

 

長所を見つけるためにはまず、紙に自分の長所だと思うこところを書きこんでみましょう。

 

この時に大事なのは、他人と比較しないこと。

 

周りからみたらちっぽけなことでも、自分にとっては長所になり得ることもあるのです。

 

ぜひ自分のことを好きになって人見知りを克服しましょう。

 

 

 

 

人見知りを克服して上手くコミュニケーションが取れるようになろう!

 

いかがでしたか?

 

人見知りの特徴人見知りの克服方法を紹介してきました。

 

人見知りの特徴では共感できる部分も多かったのではないでしょうか?

 

しっかりと特徴を理解した上で克服する努力をしていきましょう。

 

もう一度人見知りを克服する方法もおさらいしておきましょう。

 

人見知りを克服する方法は、

 

他人に偏見を持たないようにする

全員に好かれることを諦める

会話は途切れるのが普通と思うようにする

挨拶を自分からする

相手に興味を持つ

自分のことを好きになる

 

6つです。

 

すぐに実践できる簡単な方法ばかりですので、人見知りを克服したいという方はぜひ試してみてください!

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG