【例文あり】就活で自己紹介するときのポイントは?自己PRとはどう違うの?

就職活動で欠かせないのが「自己紹介」。
面接試験のスタートは、ほぼ「では、自己紹介をお願いします」から始まりますよね。

はい!私の名前は…」と意気込んでハキハキと話し始めたはいいものの、

・どこまで話せばいいの?
・自己PRとは何が違うの?
・とりとめがなくて終わらない!

と、焦って冷や汗をかくことも「あるある」のひとつです。

アピールをしたくて、ついつい一度にたくさんのことを伝えようとしてしまうんですよね。
その気持ちも分かります。

でも実は、少しずつ段階を踏んで伝えることって、とても大事なんですよ。

ここで、就職活動の面接試験で自己紹介を求められたときの対策を、
例文とともに考えてみましょう!

「自己紹介をお願いします」と言われたら?

面接試験での自己紹介では、「自分についての基本情報を知ってもらう」ことが大事です。

企業や面接官の立場からいえば、
「これから人となりや実績を探っていくにあたって、まずはベースとなる情報がほしい」
という思いで自己紹介を求めているはず。

まずは、「どこからきた誰なのか」を知りたいのです。

自己紹介はあくまで「情報」であり、簡潔に分かりやすく使えることを心がけましょう。
なおかつ、「気になるポイント」「深掘りしたい情報」を与えられたらベストです。

基本の組み立てかた

まずは、基本の情報は漏れなく伝えましょう。

・名前
・出身県など
・大学名
・学部、専攻
・サークル

などの情報をベースに、必要な部分は補足しながら、簡潔に話しましょう。

加えて、

・大学では何を勉強してきたか
・卒業論文(研究)のテーマ
・サークル活動での役割
・簡単な実績
・趣味や特技

など、面接官に「ん?なんだか気になる要素を持っている人だな」と思わせられるようなポイントを残せたらベストです。

ただし、自己紹介のうちに全てを語る必要はありません。

「それについて詳しく聞かせてください」と、あとから興味を持ってもらえるような情報を出し方ができるといいでしょう。

自己紹介は自己PRではない

よく混同してしまうのが、
自己紹介」と「自己PR」。

自己紹介と自己PRは、似ているようで、目的が違うものです。
具体的には、それぞれ次のような目的があります。

自己紹介:
・自分の基本情報を知ってもらう
・いままでしてきたこと(実績)を知ってもらう
・履歴書やエントリーシート(ES)だけでは分からない自分を見せる
自己PR:
・これからなにができるかをアピールする
・自分の経験や能力が企業でどう活かせるかを伝える
・自分を採用するとどんなメリットがあるかを伝える

自己PRは、自己紹介というベースを踏まえた上で、次の段階の深掘りです。

自己紹介で自己PRまでしてしまうと、
「聞かれてないことまで答えてしまう人だ」
「自己紹介の意味を正確に理解していない人だ」
という印象になりかねないので、気をつけましょう。

求められるパターンをくみ取ることが大事

集団面接の場合、「1人30秒ほどで自己紹介お願いします」と時間を指定されることがあります。

その場合は、内容を絞り、できるだけ時間内におさまるように話しましょう。

・30秒のパターン
・45秒のパターン
・1分のパターン
など、伝える内容のボリュームに応じた自己紹介ができるよう、事前に考えておくとスムーズです。

自己紹介の例文3パターン

では、具体的な自己紹介の例を見てみましょう。

今回は、現役就活生のカツオくんに登場してもらいます。

カツオくん
よろしくお願いします!
ぼくは大学3年生の夏から就活を始めて、4年生の秋に内定をゲットしました。
ライター・ユキ
カツオくん、卒業に向けて忙しいところ、ありがとう!
そして、内定おめでとう。
カツオくんは就活で、面接試験で自己紹介ってしましたか?
カツオくん
もちろん、何度も自己紹介しましたよ。
回数を重ねていくうちに、だんだんコツをつかんだ気がします。
ユキ
それは頼もしいね!
では、これから就活を始める方々に向けて、カツオくんの例を紹介お願いします。
カツオくん
任せてください!

①必要最低限の30秒パターン

カツオくん

業界大手企業の1次試験は、5人で集団面接でした。
「30秒ぐらいずつでお願いします」って言われて、ちょっと焦りましたけど…

30秒で話せる内容だと、文字にすると約150文字程度なんです。
ぼくの場合は、こんな感じでした。

 

カツオくん
リプコン大学4年生の、就活カツオです。
大学では、経済学部で経営学を専攻しています。
専門的には、webマーケティングについて研究しており、卒業論文にまとめる予定です。
趣味はサッカーです。高校・大学とサッカー部に所属し、大学では副キャプテンを務めました。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。(144文字)
ユキ
簡潔で分かりやすいですね。
カツオくん
はい。
必要最低限の自己紹介ですが、「webマーケティング」や「サッカー」など、自分の専門や人となりが伝わる部分もさらっと含めているところがポイントです。

②ちょいと匂わせる45秒パターン

カツオくん

とくに時間が指定されなければ、45秒ほどにおさまるパターンで臨んでいました。

カツオくん
リプコン大学4年生の、就活カツオです。
大学では、経済学部で経営学を専攻しています。
専門分野は、webマーケティングです。
自分でもwebサイトを作成し、運営しています。
その成果や実績からの考察を、卒業論文にまとめる予定です。
趣味はサッカーです。高校・大学とサッカー部に所属しています。
高校のサッカー部はいわゆる強豪校だったので、ハードな練習で忍耐力や精神力が身についたと思います。大学では、副キャプテンを務めました。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。(226文字)
ユキ
「webサイトを作成して運営」「副キャプテン」など、後から深掘りしてほしいキーワードを散りばめていますね。
カツオくん
はい。自己PRにもつなげられますし、次の質問で「どんなwebサイトを運営しているんですか?」と聞かれることが多かったです。

③エピソードをまじえて1分パターン

カツオくん

「1分程度で自己紹介してください」と言われたら、小ネタをはさみながら話していました。
1分って、1人ででしゃべると意外と長くて、焦るんですよね…

カツオくん
リプコン大学4年生の、就活カツオです。
大学では、経済学部で経営学を専攻しています。
専門分野は、webマーケティングです。自分でもwebサイトを作成し、運営しています。
その成果や実績からの考察を、卒業論文にまとめる予定です。
分析や考察が得意なので、楽しみながら研究できるwebマーケティングが、自分には合っているなと感じているところです。
趣味はサッカーです。高校・大学とサッカー部に所属しています。
高校のサッカー部はいわゆる強豪校だったので、ハードな練習で忍耐力や精神力が身についたと思います。
大学では、副キャプテンを務めました。
ぼくはスピードや技術のある選手ではありませんでしたが、戦術を考えることが得意だったので、チームの特性や利点を活かす戦法を考えることで、チームに貢献できたんだと思います。
以上です。本日はどうぞよろしくお願いいたします。(372文字)
ユキ
なるほど、よく自己分析できているな〜ということが伝わりますね。
カツオくんのことをもっと知りたいと思わせられる自己紹介です!
カツオくん
長めの自己紹介でも、一文を短く区切って簡潔に伝えるのもコツのひとつです!

まとめ:効果的な自己紹介をしよう!

就活での自己紹介では、

①自分のことを知ってもらう
②もっと知りたいと思わせる

この2つが伝わると、効果的だといえるでしょう。

まずはよく自己分析をして、自分の経歴や実績から、特技や役割などを分析しましょう。
そして、知らない人にも分かりやすく伝わるような自己紹介を考えてみてくださいね。

カツオくん
ぼくも応援しています!
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG