28才女性の私が1ヶ月実践してお腹の脂肪を落とした方法を全公開!

とにかく痩せたいっ!!!!!!

その痛切なキモチ、痛いほど分かります。私も28年間ずっと、ぽっこりお腹が相棒で…。

「理想のボディラインを手に入れたい」「キレイな女性って思われたい!」そんな風に悩みつつも、なにも出来ていませんでした。

しかし!ここ1ヶ月、生活習慣を少し変えただけでかなり痩せることができ、ぽっこりお腹ともサヨナラ。嬉しくて思わずこの記事にまとめました。

 

  • ネットに情報が溢れすぎてわけがわからない
  • 理論はわかったから具体的に痩せる方法を教えてくれ
  • そのまま誰かがうまくいった方法をマネしたい
  • お金をかけたくない

 

こんなあなたに読んでほしい記事です!

私はダイエット専門家ではありませんが、実際に痩せることができたアラサー女性です。

実際のケースとして参考にしてくださいね。

 

私がお腹の脂肪を落とすために1ヶ月実践したこと3つ

 

①毎朝1時間の運動・筋トレ

②食事の改善

③生活習慣の改善

 

この3つだけです!ざっくりとしたルールしか決めていないので、誰でも真似できるはず。

大して時間もお金もかけてません。

それぞれ説明していきます!

 

毎朝1時間の運動・筋トレ

 

  • ジョギング 30分
  • 筋トレ 30分

 

合計1時間ほど、体を動かします。

わたしは9〜17時まで仕事があるので、朝7時30分ごろに起きて運動の時間を捻出しました。

 

ジョギングは、河川敷を2.4kmほど毎朝走りました。

私が毎朝走っていた「愛媛県大洲市」にある肱川(ひじかわ)沿いの道。

 

このとき、息が上がらず気持ちよく続けられるペースで走るのがポイント!

なぜなら、有酸素運動は続けてから30分以降に、やっと脂肪が燃焼し始めるからです。

バテずにゆっくり体を動かせばOK。

 

また、ゆるやかな有酸素運動は、ストレス解消や脳内麻薬ホルモンの分泌にも繋がるとてもいいリフレッシュ方法。

実際に、朝に体を動かしておくと、そのあとの仕事に、より集中できる感覚がありました!

作業効率化にもなるのでおすすめです。

 

筋トレは、気になる部位も一緒に、腹筋メインで!

 

ぽっこりお腹の解消には、以下の両方が必要です!

・お腹を支える腹筋を鍛えて、引き締める
・体全体の代謝を上げて脂肪を燃焼させる

 

腹筋は回復力のある部位なので、「キッツ〜〜」と感じるまで負荷をかけてトレーニングするのが吉!

1ヶ月も継続すれば、意外とすぐに腹筋が割れてきますよ。

 

また、腹筋「だけ」脂肪を燃焼させることはできません。体全体の筋肉を鍛えて、脂肪が燃焼しやすい体質を目指した方が結果的に早く痩せます。

ですから、腹筋だけではなく、気になるほかの部位も合わせてトレーニングするのが効率よいダイエット方法です!

では、以下では私が実践している筋トレメニューを説明していきます。

 

両足をゆっくり下ろす腹筋

 

ぽっこり下っ腹に、めちゃくちゃ効いてくれる「足上げ腹筋」。ゆっくりやればやるほどキツいっ!

上半身を上げ下げするタイプの腹筋と比べて、首を痛めにくいです。

 

また、私は腹筋の上のほうも一緒に鍛えたかったので、「クロス腹筋」も取り入れていました!

 

この2タイプの腹筋を1ヶ月継続するだけでも、目に見えて効果がでてくるでしょう。

 

膝立ち腕立て伏せ

 

いきなり全身の体重をかけて腕立て伏せするのは難しいですよね。

そんなときには、膝をついた状態で腕立て伏せを行うとよいでしょう。最初はキツいですが、だんだん慣れます。

腕の筋肉を鍛えれば、ぷるぷる二の腕に効きます。また、胸筋が育って、上向きバストの維持にも役立ちますよ!

 

スクワット


体の中で最も面積の広い太ももの筋肉を鍛えることで、効率よく代謝アップしてダイエットできます。

ぶっちゃけキツいですが、追い込んだ後の達成感がハンパじゃありません。笑

何よりも、日常生活でその効果を実感することが増えます。階段の上り下りが、かなりラクになりますよ〜!

 

美尻トレーニング

 

女性の方にめちゃくちゃオススメなトレーニングです。

ダマされたと思って1ヶ月やってみてください。マジでお尻がキュッと上向きになります!!!

あまりキツさを感じにくいトレーニングなので、私は筋トレの「シメ」として楽しみながら好きなだけ繰り返していました。笑

 

回数ってどう決めるの?

「それぞれ何回やればいいの?」と疑問に思った方へ。

自分が、これ以上はできない!という回数までやるのがオススメです。

筋肉はある程度負荷をかけないと育たないので、苦しい〜!と感じるプロセスは必要。

しかし、特に女性は日々の体調も変わりますし、いつもキッチリとセット回数を決めるのはちょっと息が詰まります…。(私の場合は、ですが)

ということで、やれるだけやる!というシンプルなルールにしておくのが、私流・継続のコツなのです。

 

私のランニング・筋トレメニューをおさらいします!

  • 気持ちよく30分くらいジョギングする
  • 両足おろし腹筋
  • クロス腹筋
  • 膝立ち腕立て伏せ
  • スクワット
  • 美尻トレーニング

 

これを、毎日1時間、1ヶ月くらい続けてみてくださいね。

成果が目に見えてくるので、思わずハマってしまうはずです…!

 

食事の改善

一ヶ月、手作り料理を食べ続けました。野菜も忘れずに….。

 

1ヶ月間気をつけたことは、これだけです。

・食べ過ぎない
・なるべくバランスよく食べる

こちらも、とくに厳格なルールは決めていません!

私は、気ままに食べることも大事な趣味であり、ストレス発散だと思っているので、食事が楽しくなくなるような習慣は作りたくなかったのです…。

 

胃が拡張すればするだけ、満腹感を得るまでにより多くの食事が必要になってしまうため、ほどほどの量でとどめることがかなり大切です。

できれば、カンタンでもいいので、量がコントロールしやすい【自炊】を勧めます!

外食が増えると、出てくる量=食べる量になりがちなので、太りやすくなりますよ〜(経験談)。

 

また、1回の食事にしっかり野菜が入っているかどうか、そして筋肉を作るために必要なタンパク質が摂取できているかどうかはざっくりチェックしておきましょう。

「肉・魚・卵・豆類が少ないな〜」となんとなく感じるときは、後からプラスしやすい【卵】を乗せるなど、工夫してみてください。

食事でタンパク質のコントロールが面倒な場合には、プロテインを飲むのもおすすめです!

タンパク質は、筋肉を作るだけではなく、髪の毛・爪・肌などを健康に保つためにも使われます。相当な量を飲まないと太ることはありません。ぜひこちらも習慣にプラスしてみてくださいね。

 

生活習慣の改善

 

運動・食事に気をつけるだけでも効果は見込めますが、この機にほかの生活習慣も見直してみましょう。

確実に、あなたのダイエットを加速させます!

生活習慣の改善は、やり始めるとキリがない分野なので、こちらも私が実際に試したものだけ紹介していきますね!

 

飲酒量を減らす

私はかなりの酒飲みでした。ほぼ毎晩ペースで飲んでおり、日本酒の一升瓶をサクッと空けてしまうほどの飲酒量。笑

しかし、週1-2日くらいのペースで、ビール一杯分ほどの量に抑えるようにしてからは、かなり体調がよくなり、太らなくなりました。

お酒にも糖質が含まれていますから、当然飲みすぎると太りますし、いっしょに脂っこいものを食べたくなるので、ダイエットをしている人にとってはかなり危険です。

ただ、飲酒量を減らそうとしなくても、筋トレを継続すると不思議に「翌日気持ちよく体を動かせる方が楽しいな〜」なんて感じてくるものなんですよね〜。ぜひ運動習慣を味方につけて!

 

なるべく湯船につかる!

体を温めることで、血行が促進されてダイエット効果が高まります。

また、寝る前にしっかり湯船につかれば、入眠がスムーズになり安眠効果も得られ、体調も整います。

さらに!お湯に浸かりながら、太ももなどを流すようにマッサージしましょう。セルライト解消・予防になるため、きれいなボディラインにも繋がるんです。

まさに一石三鳥レベルでおすすめなダイエット習慣です!

 

ストイックにやりすぎないことも大事

 

お腹の脂肪を落としたらゴール!でもモチロンいいんですが、せっかくならこの機に健康的な習慣を手に入れたいですよね?

スッキリ健康な体づくりのためには、ちょっとした習慣をずっと継続していくことがいちばん大事です。

がちがちにルールを決めすぎると、楽しくなくなります。ちょっとゆる〜く考えながら、なが〜く続けていきましょう。

1日くらいサボッても大丈夫。自分を責めずに、「かわりに今日はデザートを我慢して、明日は必ずランニングしよう!」などと前向きにとらえましょう。

まずは1ヶ月、この記事でご紹介した習慣を続けてみてください。成果は表れます!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG