人見知りを直したい!人見知りの原因3つと具体的な克服方法!

「せっかく話しかけてくれたのに、上手く答えられなくて辛い・・・」
「緊張して会話が続かない・・・このままでは嫌われるかも」

人見知りって、本当に辛いですよね。
誰かと会う度に、自分が失礼なことをしていないかどうかが気になって、帰った後はいつも落ち込んで・・・。

 

こんな風に答えたら良かったかな・・・
あの時会話が止まったのは、きっと私のせいなんだろうな・・・

 

落ち込むことが続くと、人と会うのも嫌になってきますよね。

 

人見知りを直したいけれど、どうすればいいか分からない。

今回は、そんなお悩みを持つ皆さまに、人見知りの原因と対処法を紹介します!

 

人見知りの原因

人見知りの原因には、次の3つがあります。

  • 自分に自信が無い
  • 完璧主義
  • 過去にトラウマがある

 

1つだけ当てはまる人もいれば、全部に該当する人もいるでしょう。
まずは自分の人見知りの原因を知ってから、対策を考えましょう!

※ちなみに、私は全て当てはまっています(笑)

 

自分に自信が無い

「私なんかと話していても、つまらないだろうな」
「失礼なことを言ってしまうのが怖くて、何も話せない」

このようなことを考えるのは、自分に自信がないからです。

 

必要以上に自分のことを卑下してしまい、「自分との会話=楽しくないこと」と思い込んだり、「こんな私と一緒にいてもらうのが申し訳ない」と考えてしまったり。

自分の発言に自信が持てず、結局何も話せなくなってしまうことも。

 

自信が持てないのは、誰かに否定された経験があるからかもしれません。

私の場合は、昔の友達と親でした。

何かを発言する度に、「それって、おかしくない?」、「今の話、ありえないんだけど!」と言われてしまい、段々と自分の意見をいうのが怖くなっていきました。

 

人によって、様々な意見があるのは当たり前のこと。

ですが、否定ばかりする人と一緒にいると、「私が間違ってるのかな?」、「他の人も、嫌々話を聞いてくれているのかな・・・」なんて、ネガティブな気持ちを抱えたまま、人と接することに

自分の性格が悪いのではなく、身近な人とたまたま価値観が違っていただけだと考えると、気持ちが楽になりますよ。

 

完璧主義

「常に100点の自分でいなければならない」
「目の前の人を楽しませないといけない」

こんな風に考えてしまうのは、完璧主義タイプの人です。

 

自分にとって100点の返答が見つかるまで、口を開くのをためらってしまうことや、正しいことを言わなかったことによって、極度に落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

会話の途中に、「今の発言は間違いだった」、「空気を読み切れなかった」と考えてしまい、自分が許せなくなるんです。

自分の発言を振り返ったり、周りの空気を読むのは、コミュニケーションをとるために大切なこと。ですが、コミュニケーションに、完全な正解はありません。

自分が30点だと思っている発言が、相手にとっては100点の場合があり、また、その反対も当然あります。

 

何が正解なのかは、誰にも分かりません。
そして、相手も100点を求めて、あなたと話しているわけではありません。

 

自分が楽しく会話できていたら、ほぼ確実に相手も会話を楽しんでくれています。
「今日楽しかったから、それでいいや」くらいの気持ちで、コミュニケーションを楽しんでくださいね。

 

過去にトラウマがある

昔、いじめにあっていたり、誰かにひどく怒られてしまっていたり。

過去にトラウマがあるせいで、人見知りにならざるを得なくなった人もいます。

 

・誰かに攻撃されて、自分が傷つくのが怖い
・周りの人が急に離れていく感覚を、もう二度と味わいたくない

こんな気持ちを抱えていて、自分の発言や態度を気にしすぎてしまった結果、緊張して上手く話せなくなってしまいます。

 

私の場合は、信頼していた友達に裏切られた経験から、人と会話をするのが苦手になりました。

「今は楽しく会話をしていても、本当は嫌な思いをさせているかもしれない」
「自分のことや誰かの悪口を話したら、他の人に言いふらされて、嫌われるかもしれない」

 

自分が何を言っているか、相手がどんな反応をしているのかがずっと気になって、結局、身動きが取れなくなってしまうんです。

過去のトラウマは、なかなか克服できるものではありません。

 

自分のことは詳しく話さないと決める、相手の話に耳を傾けること等を意識して、上手に付き合っていってくださいね。

 

人見知りの対処法

人見知りの原因が分かったら、次は対処法を考えていきましょう!

人見知りは、一日で直るものではありません。

ゆっくりと時間をかけて大丈夫。
できることから少しずつ、始めてみてくださいね。

 

常に笑顔を心がける

常に笑顔を心がけることで、「話しかけやすい人」になることができます。

 

話しかけやすい人になれば、自分から頑張って話かけにいく必要がありません。
一番緊張する初対面の場面でも、相手から聞かれたことに答えるだけでよくなるんです。

 

常に笑顔でいるために

  • 相手の話には笑顔であいづちを打つ
  • 緊張していても、口角は必ず上げておく
  • 集団で喋っている時は、話している人を笑顔で見つめる

 

この3つを意識するだけで、あなたへの印象が良くなります。

会話が上手にできなかったとしても、「少しおとなしい人だな」と思われるのみ。「嫌な印象の人」になることはありません。

話しかけられやすい人になって、相手がどんな会話を振ってくるのかを学んで、人見知りを克服しましょう!

 

自分のことを褒めてあげる

自分のことを褒めてあげることで、自信を持てるようになります。

自信が持てることで、目の前の相手と意見が食い違っても、落ち込むことが減り、会話を続けられるように。

 

自分の褒め方の例

  • 寝坊しなかった!えらい!
  • 嫌なことがあったのに、最後まで仕事を終わらせた!天才!?
  • こんなに美味しいコーヒーを淹れるなんて、すごすぎない!?
  • 生きていてくれてありがとう、私。

 

自分がすごい!と思えることなら、どんなことでも大丈夫。
誰かと比べる必要や、客観的な数値を出す必要はありません。

 

自分を褒める習慣をつけることで、自分のことが大好きになるのはもちろん、普段は気付けなかった他人の良い所を見つけられるように。

自分に自信を持つと同時に、相手の良い所を口にすることができれば、人間関係がスムーズになること間違いなし!

 

話す内容を決めておく

何を話していいか分からない人は、話す内容を事前に決めておきましょう!

初対面の人と話すこと、次に会ったときに話すことの2つを考えておくと、会話に困ることがなくなります。

 

初対面の人とは、今日の天気・趣味・休日の過ごし方など、簡単に答えられて、楽しく話ができそうなことを考えておきましょう。

 

2回目以降に会う人であれば、以前の会話の続きをしてください。

「この前言ってた、○○はどうなったの?」
「あれから、○○は続いてる?」

前の話の続きをすることで、「私のこと、ちゃんと覚えてくれてる!」と思われ、相手に好印象を与えられます。こちらとしても、話題に困らず、落ち着いて会話ができますよね。

 

人見知りを治すために、自分の気持ちと向き合おう!

人と話すときって、緊張しますよね。

自分の発言が、相手を不快にさせていないか気になったり、私と話しても楽しくないんじゃないかな・・・なんて思ってしまったり。

 

そんな、人見知りの原因としては、自分に自信が無い・完璧主義・過去にトラウマがあることが考えられます。

 

自分に自信が無いと、「私なんかと話していても、楽しいはずがない」と考えてしまい、会話を広げることができません。

完璧主義になっていることで、「正しい発言をしていない自分」が許せず、ネガティブな気持ちで人と接することに。

また、過去にトラウマがあると、人と話すこと自体に緊張して、体がこわばってしまいます。

 

このような状態から抜け出すためには、常に笑顔でいること・自分のことを褒めること・話す内容を決めておくことが大切

 

人見知りは、一日で治るものではありません。

ゆっくりと時間をかけて、自分の気持ちと向き合ってくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG