パラレルキャリアとは!?副業との違いやメリットも徹底解説!!

皆さんは「パラレルキャリア」という言葉をご存知でしょうか?

・あまり聞いたことがない
・「パラレルキャリア」という言葉は聞いたことがあるけど、その意味は知らない

こんな方も多いと思います。

そこで今回の記事では、パラレルキャリアの意味や、注目されている理由、メリットなど、パラレルキャリアについて徹底解説をしていきます!

パラレルキャリアとは?

パラレルキャリアとは、有名な経営学者のピーター・ファーディナンド・ドラッカーが1999年に発表した著作「明日を支配するもの」で提唱した考えのこと。

パラレルキャリアの意味は、「本業を持ちながら第二の活動をしてキャリアを築く」ことを言います。

例えば、本業の会社に勤めながら、プライベートの時間にボランティア活動や自営業などの活動に取り組む、などです。パラレルキャリアは全ての活動に本業と同じ姿勢で取り組むことから「複業」とも言われます。

パラレルキャリアと副業の違い

パラレルキャリアと副業の違いは「目的」です。副業は収入を目的としていますが、パラレルキャリアは自身のスキルアップや未来への自己投資を目的としています。

パラレルキャリアも結果として収入を得る場合もありますが、必ずしも収入を目的として行う活動ではありません。

パラレルキャリアを実践している方達

実際にパラレルキャリアを実践している方達の中には

  • 会社員をしながら作曲家をしている人
  • 会社員をしながらメディア運営をしている人
  • 会社員をしながら海外でボランティアをしている人
  • 会社員をしながらテニスクラブに所属して大会にも出場している人

などなど、多様なパラレルキャリアを実践している人達がいます。

パラレルキャリアが注目されている理由

時代とともに社会環境が変わる中で、企業にも個人にもパラレルキャリアという考え方が注目されてきています。

ここではパラレルキャリアが注目されている理由を3つ紹介していきます。

企業寿命の変化

パラレルキャリアが注目される理由の1つに、企業寿命が短くなっているということが挙げられます。企業寿命が短くなるということは、定年退職する前に企業が潰れてしまうということ。

再就職先を探したり、路頭に迷ってしまう危険があります。

そうなった時に困らないように、本業をしながらも第二、第三の活動をするパラレルキャリアという考え方が注目されているのです。

ワークスタイルの多様化

昨今では、大手企業も「終身雇用を守って行くのが難しい」と発言しています。何年か前には必要だった人材も、今では必要ないという場合もあり得るのです。

ですので、1つの企業で一生涯働いていける保証はどこにもありません。

これからの時代は、より個人が自分の働き方や生き方を考えて行動する必要があるのです。その結果、様々なワークスタイルの多様化が進み、その中でもパラレルキャリアの活動が注目されています。

企業へのメリットが大きい

パラレルキャリアは企業へのメリットも大きく、推進する企業も増えてきています。パラレルキャリアで責任ある立場を経験することで「責任感」や、時間とお金の「管理能力」などを身に付けることができます。

さらに、本業だけをしていては会う事のない業界の人とも知り合いになり人脈を広げることもできます。

パラレルキャリアの活動をして得た能力や人脈は、本業の活動にも活きてくる。結果として、パラレルキャリアをすることは、企業側にもプラスになるのです。

パラレルキャリアのメリット

パラレルキャリアは企業にも個人にもメリットがあります。中にはパラレルキャリアを推進している企業もあるほどです。それでは、パラレルキャリアのメリットを4つ紹介していきます。

ローリスクで夢を追うことができる

パラレルキャリアは、本業を持ちながらも、夢を叶えるための第二、第三の活動を行うことができます。そうすることで、本業の安定した収入を得ながらも、少ないリスクで夢を叶える行動を始めることができます。

新しい人脈が増える

パラレルキャリアの活動を行うことで、本業をしていては決して出会う事のないような業界の人とも知り合うことができます。

新しい出会いは自分の人生を豊かにしてくれます。さらに、パラレルキャリアで知り合った人脈が本業のビジネスに活きてくることもあります。

タイムマネジメントのスキルがつく

パラレルキャリアの活動は本業の時間以外に行うので、どうしても多忙になってしまいます。そこで、本業とパラレルキャリアの活動を両立するには時間管理を徹底する必要があります。

このタスクはいつするのか?どのくらいの時間をかけるのか?優先順位はどのくらいか?などと考えて行動していくうちに、自然とタイムマネジメントのスキルが身についていきます。

育成コストをかけずに人材育成ができる

これは企業側のメリットです。社員がパラレルキャリアを行うことで、様々なスキルや経験を得ることができます。

そうしたスキルや経験は本業にも活きてくるので、企業がより頼れる人材が増えていきます。

結果として、企業側は育成コストをかけずに人材育成をすることができというわけです。

パラレルキャリアの注意点

パラレルキャリアはメリットが多い活動ですが、注意点もあります。ここでは注意点を3つ紹介していきます。

注意点をしっかりと守って、充実したパラレルキャリアの活動を行えるようにしましょう。

本業に支障をきたさないこと

本業の収入という生活のベースがあるからこそ、パラレルキャリアでの活動ができるのです。

パラレルキャリアの社外活動に力を入れすぎ、体調を崩して本業に支障が出ると本末転倒です。本業に支障の出ない範囲で活動をするようにしましょう。

お金がかかる

パラレルキャリアは活動内容によってはお金がかかります。例えば、スポーツを始めるならスポーツ道具やサークルの参加費がかかります。事業を始めるなら、PC代や、勉強にもお金がかかる場合があります。

ですが、パラレルキャリアは収入を目的とした活動ではないので、活動内容によってはお金が入らないものもあります。事業を始めるとしても収益化ができるまでは、収入より支出のほうが大きい状態が続く可能性があります。

ですので、お金のかかるパラレルキャリアの活動を始める方は、貯金に余裕を持たせておいてから始めると良いでしょう。

人材が流出する可能性がある

これは企業側の注意点です。

社員のパラレルキャリア活動が軌道に乗って、本業以上の成果を出したり、本業よりも自分に向いていると思ったりすることで、本業を退職してパラレルキャリアの活動に本格的に取り組もうと考える人も出てきます。

その結果、企業の人材が流出するリスクもあります。

パラレルキャリアで人生を豊かにしよう!

パラレルキャリアの意味や注目されている理由、メリットなどを紹介してきました。時代が変化し1つの企業で一生涯働くことが当たり前でなくなってきた昨今。

パラレルキャリアで本業以外の活動も行うことは、より人生を可能性あふれるものにしてくれるはずです。今まで諦めていた夢も、パラレルキャリアなら少しずつ安全に叶えて行くことができます。

みなさんも、ぜひこの機に、パラレルキャリアの活動を始めてみてはどうでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG