婚活パーティの流れと内容を予習しよう!【婚活パーティ主催者直伝】

  • 2021年12月14日
  • 2021年12月15日
  • 婚活

「婚活パーティって、どんな流れで進行するの?」と不安に思っていませんか?今回は、婚活パーティを主催しているPARTY☆PARTYの加賀さんに、実際の婚活パーティの流れについて聞いてみました。

婚活パーティの流れを予習しておけば、相手とのコミュニケーションや自己アピールに集中しやすくなります。婚活初心者がやりがちな失敗例も同時に紹介していきますので、婚活パーティの参加前にぜひチェックしてみてくださいね。

今回お話を聞いたのは・・・

LIPCON 加賀
婚活イベントプロデューサー、結婚相談所仲人カウンセラー。
北信越エリア、北関東エリアを中心に、20~50代の様々な年代の街コン・婚活パーティーを累計7500回以上総合プロデュース。婚活イベントの企画・集客のプロ。日々婚活現場でユーザーの生のご意見・ご要望を聞き、婚活イベントの攻略法を伝授している。

婚活パーティーの基本的な流れ

今回は、婚活パーティの中でもオーソドックスな「お見合いタイプ」の基本的な流れを紹介します。

受付

プロフィールカード記入

自己紹介タイム

印象チェック

フリータイム(ない場合も)

マッチング希望・発表

解散

婚活パーティは基本的にどこも似たような流れになっているので、一度慣れてしまえば分かりやすいシステムとなっています。それでは、ステップごとに詳しく説明していきます。

0. 婚活パーティ会場に入るまで

会場に着く前から婚活は始まっていると言っても過言ではありません。

駅からの道のりや会場のエレベーターなどで、同じパーティの参加者と鉢合わせることはよくあります。

歩き姿やスタッフへの態度は、参加者から意外と見られていますよ。会場に入る前から気を抜かないようにしましょう。

1. 受付

婚活パーティの受付では、本人確認と年齢確認を行っています。そのため、生年月日が入った運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証明書を忘れずに持っていくようにしましょう。なるべく顔写真が入ったものが望ましいです。

婚活パーティの開催時間は2時間ほどで、休憩なしの場合が多いです。事前にトイレを済ませ、身だしなみを整えるなどして、余裕をもって参加するようにしましょう。少なくとも、パーティ開始の10分前までには受付を済ませておくのがおすすめです。

特に都会だと、遅刻してもそのままパーティが進行されてしまいます。話せる相手が減ってしまううえに、「時間にルーズな人」というよくない印象をもたれてしまうので注意しましょう。

2. プロフィールカード記入

受付完了後、プロフィールカードの記入をします。婚活パーティのプロフィールカードには、「年齢」「身長」「学歴」「職業」「年収」「趣味」「休日の過ごし方」など多くの項目があります。

プロフィールカードは話題作りのきっかけになるので、なるべく詳細に書いていきましょう。好きなものや共通点を探しやすいキーワードを趣味欄などに入れておくと仲良くなりやすいですよ。

プロフィールカードはネット上で事前に記入しておける場合が多いので、なるべく家で記入しておくのがおすすめ。

手書きのプロフィールを書く場合は、手書きの文字は人柄が出やすいと言われていますので、字のきれいさに自信がなくても、ゆっくり丁寧に書くと好印象ですよ。

3. 自己紹介タイム

婚活パーティでは、参加者全員と順番に1対1で話す「自己紹介タイム」があります。持ち時間はパーティによって多少異なりますが、だいたい5~10分が目安。

きちんと会話をするためには、20~40秒ほどで簡潔に自己紹介をする必要がありますので、事前準備は必須です。

まずは「はじめまして」と挨拶をして、男性が先に自己紹介をします。男性は、なるべく「出身」「職業」「結婚観」「趣味」などを自然に散りばめて、自分の人生の経緯が分かるように話せるとベスト。

男性側の自己紹介が終わった後は、女性側に質問をしたり相手からの質問に答えたりしていきましょう。「話す:聞く」を「3:7」の割合にすることを意識し、女性に気持ちよく話してもらえるように心がけてください。

4. 中間印象チェック

自己紹介タイムが全員分終わったら、「中間印象チェック」が始まります。「中間印象チェック」では、気に入った相手の番号にマルをつけて、メッセージを送ることができます。

第1希望、第2希望など順位を決めるものではなく、何人にでも送ることができるため、「連絡先を交換したい!」と思ったら積極的に送っていくのがおすすめです。

婚活パーティの参加者は、全員が番号で呼ばれます。そのため、相手の番号を間違えないように注意しましょう。番号間違いのトラブルはよくありますが、基本的に取り消すことはできません。

5. フリータイム

中間印象チェックの後に「フリータイム」が設けられている婚活パーティの場合は、気になる相手に積極的に話しかけに行きましょう。

ただし、フリータイムで有利なのは超イケメンと美女のみ。

どうしても美男美女に列がついてしまい、控えめなタイプの方は誰とも話せず不公平になってしまうので、自分の見た目にそこまで自信がない場合は、「PARTY☆PARTY」や「ナレソメ」のようなフリータイムが無い婚活パーティを選ぶのがおすすめです。

6. マッチング希望シート記入

最後に、最終投票としてマッチング希望シートを記入します。

マッチング希望シートでは、気に入った相手の「番号」と「優先順位」を書いていきます。
パーティの規模によって異なりますが、大体は第3~第5希望まで記載できる場合が多いです。20対20のような大規模なパーティだと「第7希望」まで選べる時もあります。

なるべく「この人だけ!」と絞りすぎず、積極的に埋めて送った方がマッチング率は高まりますよ。
マッチングしてすぐに交際・結婚できるわけではないので、「もう少しお話してみたい」「連絡先を交換したい」ぐらいの気持ちで、気軽にマッチング希望を送ってみるといいでしょう。

同時に「相手へのメッセージ」を書く欄もあるので、きちんと丁寧に書くと好印象。
中間発表と同じく、マッチング希望を送る相手を間違えないよう、気を付けて送りましょう。

7. マッチング発表時

パーティーによっては、マッチング発表時には「〇〇番と◎◎番の方がマッチングしました!」と、番号で呼ばれる場合もあります。
自分の番号も覚えておくようにしましょう。

マッチング後には、お互いの連絡先を交換して解散になります。

中には、誰ともマッチングせずガッカリしてしまう方もいるかもしれませんが、誰ともマッチングしないのもよくあることです。

一度ダメだったからといって諦めず、自己紹介やプロフィールを工夫したり、話し方や見た目を変えてみるなどして、再チャレンジしてみてくださいね。

8. 婚活パーティ解散後

マッチング後には、「今日はありがとうございました」とLINEを送り、改めて2人でお茶や食事の予定をセッティングすることから始めるのがよいでしょう。

なるべくLINEのやりとりにダラダラと時間を取りすぎず、「一度会って話す」ことを目標にしていくのがおすすめです。

長時間のデートは相手の負担になってしまうので、最初のデート時間は60~90分ぐらいを目安にして誘ってみると、相手側からも気軽にOKしてもらいやすいですよ。

まとめ

婚活パーティの流れを一度予習しておくと、本番で慌てずに済みますし、リラックスして参加しやすいのではないでしょうか?

実際のところは、「婚活パーティの参加が初めてです!」という雰囲気が、逆に歓迎される場合も多いです。久しぶりの参加だったり、初めてでも気楽に参加してみてくださいね。

「どこの婚活パーティを選べばいいんだろう?」と迷ったら、お見合い形式、立食形式、朝婚活など、豊富な種類の中からパーティーを選ぶことができるサイトを選んでみてくださいね。

 

▼関連記事▼

【体験談】オンライン婚活パーティー「ナレソメ」とは?実際に参加してみた!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG