20代男性におすすめの婚活サイト

【おとうふさん直伝】20代男性におすすめの婚活サイト10選

  • 2021年10月18日
  • 2021年10月27日
  • 婚活

「20代のうちから婚活を始めたい!でも、何から始めたら…?」と悩んでいる男性必見!

今回は、マッチングアプリのプロフィール添削のプロであるおとうふさんに、20代男性向けの婚活方法を教えてもらいました。

おとうふさんがおすすめする婚活サイトや、プロフィール文章、や写真の整え方などは要チェック。ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼30代の方はこちら▼
【おとうふさん直伝】30代男性におすすめの婚活サイト10選

▼40代の方はこちら▼
【おとうふさん直伝】40代男性におすすめの婚活サイト10選

今回お話を聞いた専門家!おとうふさん

Twitterフォロワー数2万人超(@o10fusan)。 TBS「マツコの知らない世界」を始め、TVや雑誌、セミナー等多方面で活躍。 マッチングアプリで出会った数は300人以上。ミュージシャン、中学校教員などのキャリアを経て、2020年4月よりマッチングアプリのプロフィール添削のプロとして独立。

実際にサービスを利用したユーザーからは「プロフィールを作ってもらったおかげで自信がついた」「自分自身について理解が深まってよかった」など、 単なるプロフィール作成・添削にとどまらないサービスとして高評価を得ている。

20代におすすめの婚活サイトは?

20代には、数ある婚活サイトの中でも特に「マッチングアプリ」がおすすめです。

いちおしのマッチングアプリは、会員数が一番多いPairs(ペアーズ)。会員数が1000万人以上いるので、地方在住の方でも出会いやすいのがポイントです。

ペアーズ以外のマッチングアプリだと、地域によっては会員数にバラつきが出てしまうため、まず最初に選ぶならペアーズが一番おすすめになります。

首都圏に住んでいる方なら、東京カレンダーが提供する「東カレデート」という審査制のマッチングアプリもおすすめ。例えば20代男性なら「年収500万円以上」といった年収制限、女性会員も写真審査があります。誰でも登録できるわけではないため会員数は限られてきますが、より「厳選された方と出会える」という点でおすすめですよ。

婚活サイトの選び方のコツ

20代向けの婚活サイト選びのコツは、アプリ内の「年齢層」をチェックして、自分自身の年齢層と同じか、少し年上の人が多く登録しているアプリを選ぶことです。マッチングアプリの中には、会員の年齢層の分布を出しているアプリと出していないアプリがあります。

ライバルよりも自分が若い方が有利になりますので、婚活サイトを選ぶときは、ぜひ年齢層もチェックしてみましょう

例えば「ゼクシィ縁結び」は、30代前半の方が多く登録しています。そんな中で、20代の方が登録すると「注目してもらいやすい」というメリットがありますよ。

婚活サイトを使う心構え

婚活サイトを使用するにあたって、特に20代女性は結婚願望があるタイプと、遊び目的で登録しているタイプの差が激しいことを考慮しておいてください

例えば、婚活目的なのに、遊び目的の人とマッチングしてしまうと時間の無駄になってしまいますよね。

「この人はプロフィール文章が短いから、気軽な出会いを求めているんだろうな」といったような感じで、相手のプロフィールから、その人がどんな目的でアプリに登録しているのかを見極めることが大事です。

おとうふさんが解説!婚活サイトでのプロフィールのコツ

婚活サイトでの第一印象は「プロフィール」で決まります。「いいねが少ない」「良い人とマッチングしない…」という方は、もしかしたらプロフィールに問題があるのかもしれません。

今回は20代男性向けに、婚活サイトに載せる「プロフィールのコツ」を、プロフィール添削のプロであるおとうふさんにレクチャーしてもらいました!

コツ1. マッチングしやすいプロフィール文章って?

マッチングしやすいプロフィール文章を目指すには、まず「堅苦しさ」をなくすのがコツです。20代女性の場合、「結婚願望がすごくあります!1年以内に結婚したいです!」という方は少なめ。

「交際に重きをおいて、ゆくゆくは結婚できたらいいな」ぐらいの熱量の方が多いため、プロフィール文章に堅苦しさがあると、どうしても敬遠されてしまいます。

そのため、プロフィール文章の中にも絵文字をバランスよく使いましょう。言葉遣いも、「いたします」等、堅苦しいものではなく、少しカジュアルな感じのプロフィール文を意識すると、女性からの「いいね」がもらいやすいですよ。

コツ2. 女性の心をつかむ、プロフィール写真

プロフィール写真を載せるときには、男性向けの趣味でなく「女性が興味を持つようなもの」を意識するのがコツです。例えば、スイーツやおしゃれなカフェ、動物など。なるべく女性が好きそうな場所で撮ってみましょう。

また、男性のプロフィール写真では、「自撮りを避ける」ということも重要です。男性の自撮り写真は、女性からあまり良い印象を持たれないため、まずは誰かに撮ってもらうことをおすすめしています。

コツ3. プロフィールで、「リアルな生活の充実感」をアピールしよう!

プロフィール文章や写真の中で「普段の生活が充実していること」をアピールするのも、「いいね!」をもらったり、マッチングしやすくなるコツのひとつです。

女性は、相手男性のプロフィールから「私生活の充実度合い」や「交友関係がどれぐらいあるのか」を、無意識にチェックしています。

「リアルの充実度」を効果的にアピールするなら、例えば「旅行のときの写真」をプロフィール写真に載せるのもおすすめです。特に、「趣味が海外旅行」というのは女性ウケも良いので、写真がある方はぜひ載せてみましょう!

ピックアップ:ナレソメ予備校

ナレソメ予備校

「ナレソメ予備校」は、おとうふさんを始めとした、人気婚活インフルエンサーにサポートしてもらえる結婚相談所です。どうせ結婚相談所に入会するなら、実力者からのアドバイスが欲しいですよね。

コロナ禍の今、おうちにいながらオンライン上でサポートを受けられることもあって、注目されています。

IBJ結婚相談所連盟に加盟しているため、会員母数が多く、求める条件の相手と出会いやすいのがポイント。成婚退会率は驚異の76.9%となっています。

独身証明書や卒業証明書など書類の提出を必須としているので、結婚への意欲が高い人しかいないのもポイントですよ。

年代20代、30代
紹介可能会員数約65,000人
会員が多い地域全国
コスト入塾金(初期費用計)150,000円、月会費10,000円

公式サイトで詳細を確認する

20代前半におすすめの婚活サイト3選

20代から婚活を始めるなら、若さを武器にして戦いましょう。

就職してから間もないため、経済的安定は上の年代になかなか勝てませんが、20代前半にはそれに負けない若さがあります。早い時期から婚活をしていれば、結婚に焦ることがありません。

そこで、20代前半の男性にぴったりな婚活サイトを紹介します。3つのサイトを紹介するので、利用しやすいものを見つけてみてください。

婚活サイト1. Pairs

pairs2

  • 会員数が多く業界NO.1
  • 月に13000人に恋人ができている
  • 約10万個のコミュニティで同じ趣味の人と出会いやすい

毎日8000人が登録し、累計登録者数は1000万人と業界NO.1を誇る会員数となっています。関東地方の利用者が最も多いですが、他の地域の利用者もまんべんなくいるため、どの地域でも利用しやすいです。

Pairsで出会い、結婚した人は40万人、カップルは月に13000人できていて、多くの会員が理想の相手を見つけていることが分かります。

Pairsの大きな特徴は、約10万個のコミュニティがあるということです。「趣味」「ライフスタイル」「価値観」と大きく分けて3種類あり、好きなコミュニティに参加できます。参加しているコミュニティから、趣味の合う人と出会いやすいため、付き合ったりや結婚したりするまで繋がりやすいです。

「LIQUID eKYC」という顔認証システムを導入し、顔認証を完了した人のみ本人確認バッジがもらえます。不正登録を防止し、より安全に利用することが可能です。

Facebookを使った登録、電話番号を使った登録、メールアドレスを使った登録と3種類の登録方法があり、どの方法でも簡単に登録できます。初心者でも始めやすくおすすめの婚活サイトです。

年代20代から30代前半
公表会員数累計1000万人
会員が多い地域関東地方
セキュリティ体制本人確認必須、24時間の監視体制、顔認証機能、Facebook認証
男性月額コスト(iOS・税込)4,300円
女性月額コスト(iOS・税込)無料

公式サイトで詳細を確認する

婚活サイト2. 東カレデート

東カレデート

  • 完全審査制のマッチングアプリ
  • 審査基準は学歴、職業、容姿
  • 男性の年収は1,000万以上が4割

東カレデートは完全審査制の婚活・恋活アプリです。学歴、年収、職業の審査に通ったいわゆるハイスペック男性のみが集います

女性は容姿端麗であることが大前提です。しかし容姿だけでなく、CAやモデル、経営者といったハイスペック男性に釣り合う人でなければ審査の通過は難しいようです。

ハイスペックな男性とデートをしてみたい、容姿端麗な女性と出会ってみたい。30代だからこそ余裕のある大人のデートを楽しみたい人にはおすすめです。

年代25~34歳がボリュームゾーン
公表会員数非公開
会員が多い地域首都圏
セキュリティ体制完全審査制(年収照明・独身照明)
男性月額コスト(iOS・税込)※6,500円/月
女性月額コスト(iOS・税込)※6,500円/月

※男性or女性のどちらかが有料会員であればメッセージ可能

公式サイトで詳細を確認する

婚活サイト3. 楽天オーネット

オーネット

  • 結婚相手紹介サービス開始から40年の実績あり
  • 成婚料0円
  • アドバイザーが婚活をサポート

結婚相談所業界最大の会員数を誇るオーネットは、1980年に結婚相手紹介サービスを開始した実績のある会社です。会員同士の成婚退会者数も業界最大級の多さで、結婚まで至るカップルが多くいます。2020年の一年間で結婚したカップルは5372人です。

入会金は116,600円と、アプリよりも費用がかかります。しかしアプリにはない手厚いサポートが特徴的です。

入会から担当のアドバイザーが付き、婚活をサポートしてくれます。婚活計画表を作成し、イメージアップのためにファッションやヘアスタイルをチェックしてもらえるなど、本気の婚活を支える頼もしい存在です。

全国40ヶ所に支社があるため、転勤などで引越したときでも、引越し先の支店を利用できます。全国の支店に登録している人を紹介してもらえ、地域に依存しない婚活が可能です。

登録前に無料で結婚チャンステストや、無料体験を利用できます。オンラインで試せるので、手軽にお試し感覚で始めてみるのもおすすめです。

年代20代から30代前半
公表会員数約48000人
会員が多い地域不明(全国40ヶ所に支社あり)
セキュリティ体制独身証明書・年齢証明書必須、プライバシーマーク制度、結婚相手紹介サービス業認証機構、日本結婚相手紹介サービス協議会
男性月額コスト(iOS・税込)16,500円
女性月額コスト(iOS・税込)16,500円

公式サイトで詳細を確認する

20代半ばにおすすめの婚活サイト3選

20代半ばの人は、前半の人よりも本気度高めの婚活サイトがおすすめです。20代前半の恋人探しの延長で結婚を目指す婚活というよりも、結婚をメインに見据えた婚活をしましょう。

ここからは、20代半ばの人におすすめの婚活サイトを紹介します。仕事が忙しい人でも利用しやすいサイトばかりなので、ぜひ利用してみてください。

婚活サイト1. ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

  • リクルートが運営する婚活サイト
  • 業界初のコンシェルジュがデートを調整
  • 会員の80%が6ヶ月以内に出会っている

ゼクシィ縁結びは、人材派遣などを行う大手企業リクルートが運営している婚活サイトです。関東地方の人が多く登録しています。次いで関西地方、中部地方の登録者が多いです。

価値観診断を受けると、1日に4人価値観が合う相手を紹介してもらえます。たった18問の質問と簡単に受けられる価値観診断で、価値観のマッチ率が分かるので、価値観を大切にする人におすすめです。

婚活で難しいのが、初めてのデートですが、ゼクシィ縁結びでは、業界初のコンシェルジュがデートをセッティングしてくれます。コンシェルジュを通すことで、日時や場所を決めやすく、スマートな初デートが可能です。連絡先を相手に伝えなくてもデートができるというメリットもあります。

活動の目安は6ヶ月で、約80%の人が6ヶ月以内に希望の相手と出会えていまするのです。無料登録ができますが、メッセージを送るなどの機能を利用するには有料会員になる必要があります。

年代30代前半
公表会員数140万人
会員が多い地域関東地方
セキュリティ体制本人確認必須、24時間の監視体制
男性月額コスト(iOS・税込)4,900円
女性月額コスト(iOS・税込)4,900円

公式サイトで詳細を確認する

婚活サイト2. ブライダルネット

ブライダルネット

  • 業界初・全国のお見合いスペースを無料で利用可能
  • 専任カウンセラー「婚シェル」がサポート
  • 業界最多の7種類の方法で出会える

ブライダルネットは、業界最大手のIBJが運営している婚活サイトです。専用カウンセラー「婚シェル」がデート後までしっかりサポートしてくれるので、婚活初心者も利用しやすいです。

カウンセラーが担当に付いてくれる手厚さがありますが、料金は入会金・成婚料共にかかりません。手頃な価格で、確実に婚活を進められます。

20代から50代まで幅広い年齢層の人が利用していますが、中でも多いのが30代前半の人です。男女比はほぼ半々で、マッチングアプリは男性が多くなりやすいですが、女性の会員数も多いという特徴があります

お相手検索、価値観チェックなど業界最多の7種類の方法を利用可能です。月に最大42人を紹介してもらえるので、出会いの幅を広げられます。

初デートで迷うのが場所選びです。ブライダルネットでは、運営会社IBJのグループ会社である「結婚相談所ツヴァイ」でお見合い場所として使っている部屋を、初デート場所として提供しています。場所選びに悩まず、近くにはスタッフがいる安心感があるとあって、利用者が多いです。

年代30代前半
公表会員数31万人
会員が多い地域不明(都道府県別会員紹介あり)
セキュリティ体制本人確認必須、プライバシーマーク
男性月額コスト(iOS・税込)3,980円
女性月額コスト(iOS・税込)3,980円

公式サイトで詳細を確認する

婚活サイト3. ペアーズエンゲージ

ペアーズエンゲージ

  • 国内最大級の「Pairs」が手がけている
  • 1年以内に結婚したい人向け
  • 3ヶ月の活動でマッチング無しなら全額返金

累計登録者数1000万人を突破した「Pairs」が手多がける1年以内に結婚したい人向けの婚活サイトです。Pairsよりも年齢層が上の30代を中心に、20代から40代の人が多く利用しています。

3ヶ月の契約で入会金12,000円、月々は12,000円と3ヶ月の利用で48,000円です。3ヶ月活動をしても、マッチングできなかったという場合には、入会金・月会費共に全額返金となります。また、成婚料やお見合い料といった料金は一切かかりません。

24時間いつでもチャットで専属コンシェルジュに相談ができます。夜中でも相談可能なので、仕事が忙しい人にもぴったりです。

相手が見つかった後は、相手に会うのもよいですが、その前にアプリ内でビデオ通話機能を利用できます。コロナ禍の婚活を進めやすくしてくれる便利な機能です。

2019年にアプリがリリースされた当初は、利用できる地域が関東の一部に限られていました。現在は全ての都道府県で利用できるようになっています。

年代30代
公表会員数公表なし
会員が多い地域不明(現在47都道府県で利用可能)
セキュリティ体制独身証明書必須
男性月額コスト(iOS・税込)12,000円
女性月額コスト(iOS・税込)12,000円

公式サイトで詳細を確認する

20代後半におすすめの婚活サイト3選

20代後半になると、周りに結婚する人が増え、焦りを感じる人も多いですよね。結婚をより現実的に考えやすくなる20代後半の男性には、利用者の年齢が同年代から少し上の年代の結婚を早くしたい人が利用している婚活サイトがおすすめです。

恋愛経験を重ねた人も多くなる年齢で、ビビっと運命を感じる相手を見つけたいと感じやすい20代後半。婚活サイトを利用して、結婚への道を進みましょう。

婚活サイト1. Omiai

omiai

  • 累計マッチング数5000万組突破
  • Facebook認証を最初に採用した
  • シンプルなシステム

利用者の半数が20代とされ、同年代から少し年上の30代と出会えるのがOmiaiです。an・anなどの多くのメディアで多く紹介されています。東京の利用者が圧倒的に多く、次いで愛知県や大阪府の利用者が多いです。中部地方の利用者は少なめなので、注意しましょう。

日本で初めてFacebook認証を採用したのは、Omiaiです。安全性が高く、友人に婚活状況が分からないとあって、Facebook認証を採用しているのは安心感があります。

累計マッチング数は5000万組を突破し、1日に4万組がマッチングしているというデータも。検索機能を使って、いいね!を送り合うことを中心に出会いを広げます。シンプルな機能ではありますが、複雑さがなく初心者でも使いやすいです。

年代20代から30代
公表会員数累計会員数500万人
会員が多い地域東京
セキュリティ体制24時間の監視体制、本人確認必須、Facebook認証
男性月額コスト(iOS・税込)4,800円
女性月額コスト(iOS・税込)無料

公式サイトで詳細を確認する

婚活サイト2. マリッシュ

マリッシュ

  • 累計マッチング200万組突破
  • 声プロフ導入
  • ビデオ通話、音声通話制度あり

平均3ヶ月半で理想の相手が見つかるマリッシュは、累計マッチング200万組を突破した婚活サイトです。バツイチや、子持ちのシンママやシンパパを優遇し、様々な人の出会いをサポートしています。結婚歴有りの割合が多く、子持ちの人との結婚がアリという人におすすめです。

バツイチの人が多いというだけあり、年齢層は少し高めの30代から40代の利用者が多めとなっています。年上との結婚を目指している人に、マリッシュはぴったりです。

地方の登録者が少なめで、東京、大阪、福岡といった大都市でなければ出会いにくさを感じる人もいます。地方であっても各県2000人は登録者がいるので、全く出会えないということはありません。

珍しい声プロフを導入しています。声を録音し、相手が聴けるシステムです。会ったり電話をしたりする前に相手の声を聴けるため安心感があります。マリッシュのアプリ内で、ビデオ通話や音声通話が可能です。話をしてみると、相手の雰囲気や性格がわかりやすくなります。

年代30代から40代
公表会員数累計会員数80万人
会員が多い地域首都圏
セキュリティ体制年齢確認必須、24時間の監視体制、Facebook認証
男性月額コスト(iOS・税込)3,400円
女性月額コスト(iOS・税込)無料

公式サイトで詳細を確認する

婚活サイト3. ユーブライド

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)

  • 成婚率NO.1
  • シンプルなシステムで分かりやすい
  • プレミアムオプションでコンシェルジュを付けられる

ユーブライドは、成婚率NO.1を誇る婚活サイトです。1日6人以上成婚しているとされ、結婚への意識が高い男女が利用しています。20代の利用者は少なめで、30代が中心です。

首都圏での登録者数は多いですが、地方の登録者数は少なく、使いにくさを感じる可能性があります。地方での利用はあまりおすすめできません。

無料で利用可能ですが、無料だとできることが限られています。基本的には、男女ともに有料会員になることで、メッセージを送り合うことができるのです。

さらに、プレミアムオプションをつけると、コンシェルジュに相談できます。メッセージの既読が分かる開封確認機能や、写真つきメッセージ機能などは、プレミアムオプションのみで使える機能です

有料会員の月額に月2,980円の追加料金でプレミアムオプションを付けられます。より有利に婚活を進めたい人におすすめです。

年代30代
公表会員数累計会員数180万人
会員が多い地域首都圏
セキュリティ体制年齢確認必須、24時間の監視体制、収入証明(年収700万円以上)
男性月額コスト(iOS・税込)4,500円
女性月額コスト(iOS・税込)4,500円

公式サイトで詳細を確認する

まとめ:婚活サイトを使うメリット

婚活サイトを利用すると、普通に生活しているだけでは出会えない出会いを求められます。
仕事が忙しい人や、生活の中で出会いがなかなか無い人でも、自分の求める条件の人と出会いやすいです。

普通に出会うときには、相手のスペックまではわかりませんよね。でも、婚活サイトでの出会いだからこそ、相手の詳細を知ってから出会えます。

また、婚活サイトごとの特徴を知った上で利用することで、より自分に合った人と出会いやすくなる可能性も。上手に婚活サイトを使って、婚活を進めていきましょう。

 

▼関連記事▼

【おとうふさん直伝】30代男性におすすめの婚活サイト10選

【おとうふさん直伝】40代男性におすすめの婚活サイト10選

20代男性におすすめの婚活サイト
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG