友達が羨ましい…嫉妬や悔しさの本当の正体は「自信のなさ」だった?

友達に対して「羨ましい」と思うことは、誰にでもあるんじゃないでしょうか。

「羨ましい」という気持ちは、自分が持っていないものを相手が手に入れたことを知ったときに湧き上がることが多いです。

たとえば私の場合は、自分が仕事で悩んでいるときに、転職に成功した友達に対して「いいなぁ、羨ましい」と言ってしまいました。

「羨ましい」という気持ちを抱くことは、決して悪いことではありません。でもその反面、「羨ましいなんて思ってもどうにもならない」という気持ちも、同時に浮かんでくるんですよね。

そして、「どうせ自分なんて…」「自分はだめなんだ…」と、自分を卑下する思考に陥ることも。小さな「羨ましさ」が「嫉妬」や「自己嫌悪」の感情に変化し、友達関係に影響がでてきてしまうこともあるんです。

そうなってしまう前に、「羨ましい」と感じる原因を探ってみませんか?

「羨ましい」と感じるのはどんなとき?

では、どんなときに友達に対して「羨ましい」と感じるんでしょうか?
仲の良い友達の場合、次の3つのパターンが多いんじゃないんでしょうか。
・恋愛や結婚にまつわること
・仕事にまつわること
・夢や憧れにまつわること

恋愛や結婚にまつわる羨ましさ

友達から「実は、彼氏できたんだ」という報告。「わ〜!おめでとう!よかったじゃん!」と言いつつも内心は羨ましくて妬ましくてしょうがない…。そんな経験がある人も、多いんじゃないでしょうか。

結婚報告や、妊娠・出産の報告でも同じです。

なかなか結婚できなくて悩んでいるときには、結婚報告が妬ましく感じるもの。結婚したけど子供ができなくて悩んでいる人には、友達の妊娠報告は辛いものでもあるでしょう。

おめでたいことなのに、心から祝えない自分が嫌になるし、話を聞くたびにモヤモヤしてしまうのも悲しいですね。

仕事にまつわる羨ましさ

仕事で悩んだり、ミスをしてしまったりすることもありますよね。そんなときに、仕事で成功している友達に対して「羨ましい」と思うことがあるんじゃないでしょうか。

私は最近、このパターンがいちばん多いです。

会社を辞めたいけど、踏み出せなくて悩んでいるときに「転職が決まったんだよ、年収もアップするんだ」という友達の話を聞いて思わず「ええ、いいなぁ…」とつぶやいてしまいました。

同時に、踏み出せない自分はだめだなぁ…とも思ってしまい、さらに悩んだり凹んだりしました。でも、人を羨んだって、何も変わらないんですよね〜。

 

夢や憧れにまつわる羨ましさ

自分の夢や憧れを友達が実現していたときも、純粋に羨ましくなりますよね。

たとえば、憧れの芸能人に会えた、ライブのチケットが取れた、宝くじが当たった!などなど。

このパターンは、「運」の良さであることが多いです。そのため、「いいなぁ、羨ましいなぁ」と思っても、根深く嫉妬したり自責の念に駆られることは少ないのかもしれません。

自分は運が悪かったんだ、と割り切れる人も多いのでしょう。それでも、大好きなアーティストのコンサートチケットが当たった人は、かなり羨ましいと思ってしまいますね(笑)

 

「羨ましい」という感情はどこからくるの?

羨ましいという感情は、なかなか厄介です。こじらせてドロドロした感情に変わってしまう前に、自分でコントロールして無害なものにしたいですよね。

コントロールするためには、まずその「羨ましい」という感情の原因を探ってみましょう。

友達に対して羨ましさを感じる原因は、主に次のようなものではないでしょうか。
・自分に自信がないから
・自分の未来に焦りがあるから
・人と自分を比べてしまうから

自分に自信がないから

自分に自信が持てていないと、友達や他の人に対して「羨ましい」という感情が強くなります。

・容姿に自信がない
・言動に自信がない
・能力に自信がない
など、友達のほうが優れている、自分は劣っていると思ってしまうと、ついつい嫉妬や悔しい気持ちに支配されてしまうんですよね。

 

自分の未来に焦りがあるから

自分の未来や進むべき道に焦りがあるときも、友達の成功を「羨ましい」と感じやすいです。それも赤の他人ではなく、身近な友達の成功だからこそ、余計に強く感じてしまうんでしょう。

たとえば、小さな頃から仲良く過ごしてきた同級生が自分より先に結婚したときや、会社の同期が自分より先に昇進したときなどです。

マイペースで大丈夫とは分かっていても、スタートとゴールが違うと焦ってしまうものです。

 

人と自分を比べてしまうから

自分は自分、他人は他人。性格も立場も違うんだから、比べることに意味はないんです。

と、頭では理解しつつも、なかなか完全に切り離して考えられないものですよね。ついつい比べてしまいます。

とくに、悩んでいるときや落ち込んでいるとき。ネガティブモードに陥っていると、「あの子はうまくやってるのに、私は全然だめだ…」と比べる思考になってしまいがちです。

これもまた、年齢や立場の近い友達だからこそ、共通事項が多い中で優劣がつけられていると感じてしまうのでしょう。

 

嫉妬や悔しさに取り込まれそうになったらどうしたらいい?

「友達が羨ましくて、妬ましくて仕方がない…」

「どうしても、悔しい気持ちが消えない…」

そんな嫉妬や悔しさに取り込まれてしまいそうになることも、きっとあるでしょう。ドロドロした重たい感情を落ち着かせるには、どうしたらいいんでしょうか?ドロドロの解消におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

紙に書き出して整理する

まずは、自分の感情を紙に書いて整理してみましょう

書き出すのは、次のようなことについてです。

・どうして羨ましいのか?何が悔しいのか?
・友達はどうして成功したのか?
・自分はどうして成功していないのか?
・自分が成功するためにはどうしたらいいか?

以上のようなポイントを整理しながら、できるだけ具体的に書き出してみましょう。

原因を探り、今後の見通しを立てることで、頭と心がスッキリするはずです。

 

友達や家族に話を聞いてもらう

褒め上手の友達信頼できる家族に話を聞いてもらいましょう。話せる人が思いつかないときや、内容に抵抗があるときは、電話相談やオンラインカウンセリングを積極的に利用してみるのもおすすめです。

嫉妬や悔しさでごちゃごちゃになった頭の中は、うまく言葉にできないモヤモヤした気持ちであふれているはず。そんなごちゃごちゃを、自分の口から声に出して吐き出すことで、少しずつ整理されて心が晴れてくるはずです。

そして、「私の良いところってなに?」と聞いてみてください。「あなたの良いところは、こんなところだよ」と言ってもらうことで自己肯定感を高めましょう

 

自分の夢や理想を再確認する

身近な友達の話を聞くと、目の前の理想や狭い視野にとらわれてしまうことがあります。

・「結婚した」と聞くと、「結婚しなきゃ!」と思ってしまう。
・「転職した」と聞くと、「仕事がんばらなきゃ!」と思ってしまう。

でも、それらは今自分が本当にやらなければならないことでしょうか?いちばん大切にしたいことは、成し遂げたい夢は、友達と同じですか

原点を振り返ってみると、自分が向かうべき夢や理想は、もっと別の場所にあることに気づくかもしれませんよ。

 

まとめ:自信を持って。人は人、自分は自分

大切な友達のおめでたい報告には、「おめでとう!」「よかったね!」と心からお祝いしてあげたいですよね。

穏やかな気持ちでお祝いの言葉をかけられるように、自分の感情とうまく付き合い、コントロールできる方法を知っておくことをおすすめします。

友達には友達の、あなたにはあなたの良いところがたくさんあるはず。

自信を持って、それぞれの場所で輝きましょうね。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG