【諦めるべき?】低年収の彼との結婚に後悔しないため、知っておきたいポイント

大好きで結婚したい彼!でも年収が低かったら、性格も趣味も何もかもピッタリの二人でも少しだけ不安になってしまいますね。

自分たちは大丈夫でも、親や周囲から結婚を反対されることもあります。でもこんなに好きな相手はもう他に現れない。彼との結婚は諦めきれない!

そんな時「後悔しない結婚」をする為に知っておきたいポイントを押さえておきましょう。

そもそも低年収って年収いくら?低年収の人の割合は?

具体的に「低年収」っていくらくらいの年収の人で、どれくらいの割合いるのでしょうか?

「低年収」=「同世代の平均年収より低い場合」と考えると、

  • 20代男女の平均年収=348万円 ⇒年収300万未満が「低年収」(20代のうち30.8%
  • 30代男女の平均年収=444万円 ⇒年収400万未満が「低年収」(30代のうち42.5%)

(年収300万円未満は15%、300万円台は27.5%)

  • 40代男女の平均年収=510万円 ⇒年収500万未満が「低年収」(40代のうち54.3%)

(年収300万円未満は12.6%、300万円台は20.9%、400万円台は20.8%)

となり、結構たくさんいます。

(※参考:転職サイトdoda「平均年収ランキング年代別・年齢別の年収情報【最新版】2020年12月7日公開

今は若い世代の給料が全体的に親世代の頃より低めですからね…。

このデータは独身も未婚も含めたものなので、実際には低年収の人も多いけれど、夫婦で助け合ったり工夫してたくさん結婚しているはず。

つまり「彼が低年収でも、結婚して家庭を維持することは工夫次第で可能!」なんです。

彼を大好きなら最初からあきらめず、幸せな結婚の為に低年収でも家庭を運営できる具体的な方法を一緒に考えていきましょう。

低年収の男性と結婚して生活水準は大丈夫?

そうはいっても年収が低いと結婚してからの生活は心配。

まずは「年収が低いとどんな生活水準になるか?」を具体的に見てみましょう。

年収300万なら手取りは月収17万+賞与くらい!

例えば年収300万円だと、手取り年収約240万円(=手取り月収約17万円+ボーナス約44万円)となります。(※ボーナス無しなら手取り月収約20万円。)

これだと節約すれば生活できなくはないです。

ただ夫婦二人なら大丈夫でも、子供がほしいならいずれ妻も働かないといけないかも。

節約するならカーシェアや格安スマホを利用するなど「固定費」を徹底的に減らすのがコツです!

工夫して節約も楽しむ夫婦もたくさんいる!

年収が低くても、夫婦で節約を楽しめるなら結婚生活は楽しめます。例えばYoutubeでは夫婦で世帯収入が10数万円の暮らしぶりを公開している人が結構います!

旦那さんが低年収でも、いろんな工夫をして生活を楽しむご夫婦はとても素敵。夫婦のどちらも贅沢志向でなく、二人とも「あるお金で自分たちらしく暮らしを楽しもう!」と思えるならアリです。

年齢とともに収入が上がっていきそうなら問題ない

「低年収」だと、今後収入が増えそうか、増える見込みがないかで状況が違ってきます。今は年齢が若く「低年収」でも、年齢とともに収入があがりそうなら、将来子供ができても何とかなるはず。

なぜなら

  • 児童手当を0歳~中学校卒業までもらえる
  • 3歳児以上の「幼児教育・保育の無償化」がある(幼稚園や保育園も3歳からなら金銭的には利用しやすい)
  • いわゆる高校授業料無償化(高等学校等就学支援金制度)で低年収世帯は支援金を受けられる

という制度があるから。

子供ができても、こうした制度を活用してやっていけるでしょう。ただし今後も年収が上がる見込みがないなら、妻も働く・彼が転職してから結婚する、など方法を考える必要があります

低年収の男性と結婚しても後悔しない生活水準を守りたいならどうするべき?

では低年収の男性と結婚して「こんなはずじゃなかった」と後悔しない生活レベルにするにはどうしたらいいのでしょうか?

「やっぱり私はそんなに節約向いてない!我慢が多いと結婚生活が辛くなるかもしれない」という人は以下の方法も考えてみましょう。

彼に転職や正社員を目指さないか打診してみる

どうしても彼の低年収が不安なら、転職したり正社員を目指してみない?と彼に提案しましょう。

彼ももしかしたら「そうした方がいいかもな」と思っていながら、きっかけがなかっただけかもしれません。家庭を築くために転職が必要とはっきり分かれば、決断してチャレンジしてくれるかも。

ただ収入の話は男にとってデリケート。プライドを傷つけないように「子供が出来た時にもう少し収入があった方が安心だよね」といった風に彼が納得するような伝え方をできるといいですね。

女性も働き夫婦で世帯年収を上げる

世帯年収をもう少し上げたいなら、彼だけでなく妻も働いて「夫婦で世帯収入を上げる」という方法もあります。

例えば彼の年収が300万でも、妻も200万稼げば世帯年収の合計が500万円に!一人で500万円稼ぐよりも早道ですし、一人にかかる心や体の負担が分散されます。

彼の年収が上がる見込みがなく、でもやっぱり生活レベルを下げたくないなら、結婚後も夫婦で共働きを続けるのがいいですね。

もちろん家事育児をしながらの正社員フルタイムは難しければ、パートやアルバイトでも世帯収入の足しになります。

女性が多く稼いで男性に家事育児を多めにシェアしてもらう

もしも年収が低くても彼が家事や家のことをよくやってくれる男性なら、女性の方が男性よりしっかり稼いで彼に家事育児を多めにシェアしてもらうという方法も。

たくさん稼げなくても、家のことが得意でやってくれる男性はかなり貴重!

家事をしたり帰宅後に気遣って癒してくれるタイプの旦那さんだと、女性は思いっきり働けます。

親と同居して家賃を浮かしたり子育てに協力してもらい妻も稼ぐ

もしも彼が親と同居してもいいというタイプなら、親と同居することで家賃を浮かせるのも一案。

親と同居できると子育ても助け合えるので、妻も稼ぐことができます。

特に妻側の親と同居出来たら、気を遣わず色々助け合えますね。

彼が低年収でも「同居OK」な人なら、生活の心配をぐっと減らすことができます。

それでも彼の低年収がひっかかるなら?

色々と具体的に考えてみたけれど、やっぱり彼の低年収にモヤモヤする。

そんな場合はどうしたらいいでしょうか?

試しに一緒に住んでみる

年収が不安なら、とりあえず実際に一緒に暮らしてみるのもアリ。実際にやってみれば、不安に対する答えがわかります。

まだ結婚する前ならうまくいかなくても関係を解消できます。実際に二人で暮らして家計簿をつけ、どれくらいのお金がかかるかを確認したら、「結婚生活は可能か?」がはっきり分かるのでおすすめ。

特に実家暮らしで、二人暮らしの金銭感覚にピンとこないなら試してみましょう。お互いが浪費タイプか、コツコツ貯金でき節約が苦にならないタイプか?も知ることができますよ。

彼に不安を正直に伝えてみる

どうしても年収がひっかかるなら、正直に彼に「生活していけるか、子供ができてもやっていけるか心配」と気持ちを伝えてみましょう。

モヤモヤが晴れない状態で結婚しても、きっと結婚後に話し合う時が来ます。

しかしその時すでに子供を授かっていたり、実際に生活が行き詰っていたら、選択肢はかなり狭くなります。

結婚は二人の問題なので「彼は結婚後にお金が足りそうと思う?」「具体的にどう乗り越えようと思ってる?」と冷静に「確認」しましょう。

もしかしたら、彼はそう伝えたら転職を考えてくれるかもしれませんし、残念ながら女性側の不安を理解してくれないかもしれません。

理解してくれない彼なら、結婚は辞めておこうという気持ちになるかも。二人で話し合うプロセスは結婚するのに避けて通れないこと。

もしもよい結論がでなければ、まだ二人は結婚に適したタイミングではないのかもしれません。

自分にとっての結婚の優先順位を確認

彼の低年収にモヤモヤが残るなら、もう一回「自分にとって結婚の最優先事項って何?」と自分に問いかけてみましょう。

本当に結婚で「年収」が大事?彼より年収が多い男性とめぐり合ったとしたら、その男性と結婚したいと思う?

そう自問してみれば、もしかしたら「年収」は結婚の最優先の基準ではないと思うかもしれません。逆に「やはり生活にお金は一番大事」と気持ちが決まることもあります。

婚活して理想の収入の人を探す

色々考えてやはり彼との結婚は不安、でも別れる踏ん切りがつかないなら。思い切って、恋活・婚活で理想の収入の男性を探してもいいんです!

今はアプリでも婚活でき、Zoomなどオンラインでパーティーや対面して気になるお相手と話してみることも可能。

例えばオンライン婚活「ナレソメ」では「年収500万以上」「高年収」「商社マン」など属性別で男性に募集をかけてリモート婚活をセッティングしているので、低年収の人以外と話してみることができます。

ただし、あまりに高収入な男性だと奥さんもそれはそれで大変なこともあるので、それも覚悟がいりますね。

いずれにしても、ただモヤモヤとした気持ちを持ち続けながら今の彼との関係を続けるより、他にどんな男性がいるのか知るのも、彼との未来を判断する手助けになるでしょう。

ナレソメ公式サイト

まとめ

低年収でも性格が良く気が合い家のことを手伝ってくれる男性もいますし、「やっぱりどうしても年収が気になる」と思う女性もいます。

結婚は一生を左右するので、きれいごとではなく本音で自分の気持ちと向き合うことも大事。

低年収のどんなところが不安なのか?それは何か補う手だてがあるのか?もう一度、よく考えてみてください。

 

▼関連記事▼

年収500万の独身男性ってどのぐらいいるの?割合、職業、出会い方を大公開!

優しいだけの男性と結婚ってあり?意外なメリットや注意点をレクチャーします!

浪費家の彼と結婚しても大丈夫!?うまくいくケースとそうでないケースを解説

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG