マッチングアプリで結婚できる?

【失敗談&成功談アリ】マッチングアプリで出会って結婚なんて、本当にできるの?

最近では「マッチングアプリで出会って結婚しました!」というカップルをちらほら見かけます。

人気アプリ「ペアーズ」では、なんと1,000万人もの会員数がいますし、今ではマッチングアプリで婚活というのは決して珍しくはなく、よく聞く話になってきましたよね。

実際に私の周りではマッチングアプリでの出会いが成功して、結婚した友人も複数います。

しかし私はマッチングアプリを使って、30人と出会っても失敗続き。
「結婚できるなんて嘘でしょ?」と、ずっと思っていました(笑)

マッチングアプリで失敗した私と、成功した友人たち。
いったい、何が違ったのでしょうか?

今回は、私のマッチングアプリでの失敗談と、友人たちの成功談を合わせてお送りしますね!

 

なぜマッチングアプリの出会いで失敗したのか?

 

正直、マッチングアプリで上手くいくかどうかは、タイミングと運次第。

しかし、気をつけるべきポイントはたくさんあります。

私はマッチングアプリをダウンロードしてみて、「数を打てば当たる!」と思い、何人も会いましたが、なかなかうまくいきませんでした。

 

しかし、たくさん会ってみて学んだこともあります。

「運が悪い!」という点もありますが、「自業自得」という部分も多いのです(笑)

それでは、私は一体どんな男性と出会えて、どんなことをやらかして失敗したのかを紹介していこうと思います。

 

可愛ければいいんでしょ?とアイコン詐欺!

マッチングアプリのアイコン写真を「奇跡の1枚」にしてる人、いませんか?

正直、男女共やめたほうがいいと思います。

中には「10年前の写真」をアイコンにしているおじさんもいました!
でも、いざ会ってしまうと「ちょっとイメージと違うんで、帰ってもいいですか?」とは言いづらい!

ちなみに私も、アプリで1時間かけて加工した1枚をプロフィールアイコンにしており、人のことはまったく言えなかったのですが・・・。

「え、アイコンと違う人?」と言われてショックだったので、それ以来、加工は控えめです(笑)
実際に会ってガッカリされるより、正直な写真で判断してもらったほうがお互いのためですよね。

ただ、あんまりにブサイクな写真を送っちゃうと、誰からもメッセージが返ってこなくなるのが難しいところですよね。
しかし、自分の顔のアラを下手に誤魔化さず、正直に出している人の方が好感が持てるなぁと思いました。
 

「真剣な出会い探してます」って、ホント?

マッチングアプリは、真剣な「恋人探し」「結婚相手探し」がメジャーかと思いきや、「性行為の相手探し」のために登録しているという人も一定数います。

プロフィール上では「真剣な出会いを求めています」と書いてあったとしても、それが本当とは限らないのがマッチングアプリの難しいところ。

特に、騙されやすくて素直なタイプの人は要注意。

マッチングアプリを使って二股されていた!と泣く人の声も多く聞いていたため、自分がマッチングアプリを使用してあいまいな関係のまま何ヶ月も続いたときには「私は本命なの?それとも浮気相手なの?」と悩んだこともありました。

 

マッチングアプリは共通の知人がいないので、「もう連絡したくない」と思えば、LINEをブロックすればおしまい。
二股したり浮気など、ひどいことをしても周りに知らされることはほとんどありません。
「私たち、付き合ってるよね?」と確認できる強い心がないと、マッチングアプリで知り合った相手に振り回されるだけになりますよ!
 

マッチングアプリには既婚者も混じっている?

マッチングアプリは、たとえ既婚者であっても「独身」と装って登録することも可能です。

もちろん正直に「奥さんとは別居中です」と言う人もいますが、蓋をあけてみれば、「奥さんが里帰り出産で寂しいから、マッチングアプリに登録してみた」というヒドイ男性もいました。

もちろん、勘のいい女性なら「この人、既婚者かも?」と気づくことはあるかもしれませんね。
しかし「気付かなかった・・・」ということも多いはず。

 

既婚者とデートしてしまって、万が一奥さんにバレたりすると慰謝料を請求されるケースもあります。
私はすぐ気付いたのでフェードアウトできたのですが、中には既婚を隠すのが上手な常習犯も混じっています。気をつけましょう!
 

年収詐欺!?ステータスを盛ることができる?

マッチングアプリでは、「独身」と偽ることができるだけでなく、「年収」「学歴」などを盛ることも可能です。
(ごくたまに、年収を下げて登録している人もいますが・・・)

私がマッチングアプリで出会った男性は「◯◯社の正社員です」と言っていました。

「おっ!高スペック!」と思ったので、実際に会うことにしましたが、実は正社員ではなく「アルバイト」だったことが判明。

それなら最初から「アルバイトです!」とハッキリ言えばいいのに・・・。

嘘をつかれていたと思うと、「他にも嘘をついているのでは?」と心配になり、信用できなくなりました。

もちろん、「ステータスを盛られてても気にしない!」という方なら良いのですが、本当のステータスが分かった時はかなり気まずくなりますよね。
アルバイトが悪いわけではありませんが、正社員になれなかったコンプレックスみたいなものが見えてくると、かなり冷めてしまいました。

 

嘘を見破るのは1回のデートでは難しいですが、小さな嘘をついていないかは重要ポイント。
話していることに矛盾点があれば要チェックです。


マッチングアプリで複数人とやりとり!同時進行がバレた!

そんなわけで、マッチングアプリではなかなか良い人とめぐり会うことができなかった私。
しかし、「数打ちゃ当たる」というのを信じていた私は、「マッチングアプリで同時に複数とやりとりすればいいのでは?」と思いつきました!

しかし、もともとがドジでうっかり屋の私は、「Aくん」「Bくん」「Cくん」「Dくん」「Eくん」と同時進行でやりとりしていると、一体誰が誰だかわからなくなってしまいました。

うっかりCくんとのLINEで「◯◯大卒だったよね〜!そのあたり行ったことあるよ!」と送信。

しかし、「◯◯大卒」なのはAくんだったのです。相手を間違えちゃった…!

マッチングアプリでは、誰もが同時進行を経験したことがあるとは思うのですが、他の人と間違えるのはさすがに失礼だったなと思います・・・。
「もしかして、ペアーズで知り合った他の人とも連絡とってるの?」とバレちゃいました。あのときは気まずかった…。

 

欲張りすぎず自分のキャパシティと相談して、ちゃんと管理できる人数だけを同時進行するようにしましょうね!
 

マッチングアプリで結婚できた人の話

失敗ばかりを繰り返し、私はマッチングアプリを使いこなすことができませんでした。

結局、私は会社で知り合った男性と結婚できたので結果オーライだったのですが、私の友人の中には「マッチングアプリで結婚できた!」という人もちらほらいます。

同じマッチングアプリを使っていたはずなのに、いったい何が違ったのでしょうか?
疑問に思ったので、実際にお話を聞いてみることにしました。

 

「次男がいい」と、具体的な希望があったAちゃん

女友達のAちゃんは、「結婚して、家を継いでくれる男性」を探していました。
マッチングアプリで「次男」「三男」と検索し、ちょうどいい人とマッチングし結婚したそうです。

もちろん、マッチングアプリでは「年収」や「独身」などの欄を、都合よく変える人はいますが、「身長」や「長男・次男」といった部分をいじる人は少ないんです(笑)

もしあなたが「180cm以上の高身長がいい」「長男の家に嫁ぐのは嫌だから、次男がいい!」という希望があるなら、マッチングアプリでは叶えやすいかと思います。

 

「次男」「三男」といった部分は、「嫁姑問題などが起きたらめんどくさい」「結婚しても、彼の親と同居したくない」という希望がある人にはぴったりの探し方。
結婚をビジネスライクに捉えるなら、マッチングアプリを使うのは非常に有効!
 

メッセージを送り合うが、すぐには会わなかったBちゃん

私はマッチングアプリでメッセージを送り合うのが面倒で、「会わない?」と言われたら、わりとすぐに会ってしまっていました。

しかし、マッチングアプリで出会って結婚したBちゃんは、なんとマッチングアプリで知り合った男性と、1ヶ月間一度も会わずにLINEのメッセージだけを毎日送りあっていたそうです。

確かに私の経験上だと、すぐに「会わない?」と言ってくる人は、真剣な恋人探しではなく、都合のいい浮気相手を探している場合が多かったです。

私は、知り合ったらすぐに会って、顔やスタイルを確認して「いいかも!」と思った人と仲良くなりたいと思っていたのですが・・・。
正直、逆効果だったと反省しました。

それにしても、会ってもない女性と1ヶ月もLINEだけしていられる男性はかなりマメですし、それだけ真剣さが伝わってきますよね!
Bちゃんいわく、付き合うようになってからもマメにコミュニケーションや愛情表現をしてくれる彼は安心感があって、結婚までこぎつけることができたそうです。

 

恋人同士になったら、一緒にアプリを退会したCちゃん

マッチングアプリで結婚できたCちゃんは、彼に「付き合ってください」と告白されたあと、一緒にマッチングアプリを退会したそうです。
マッチングアプリで知り合った人と同時進行しているのはよくあることですが、付き合うとなると話は別。

「お互いを疑ってしまうのは、嫌だよね!」と言って、2人で一緒ににマッチングアプリを退会し、facebookの交際モードも「交際中」にしてしまう徹底ぶりでした(笑)

マッチングアプリを登録したままにしておくと、頻繁にメッセージや「いいね!」が来ます。
私は、「いま連絡している男性がダメでも、さっき連絡がきたイケメンと会うことにすればいいや!」と思い、せっかく少しうまくいってきた男性をないがしろにしてしまったことがあります…。

私のように優柔不断なタイプはマッチングアプリに向いていないのかもしれませんね(笑)

Cちゃんのすごいところは、マッチングアプリで出会った「この人!」と決めてしまったら、相手を巻き込んでアプリを卒業させてしまったところ。

新たな誘惑はお互いに断ち切って「いま付き合っている相手」にきちんと向き合ったことが、結婚できた秘訣かなと思いました!

 

マッチングアプリのコミュニティで出会ったDちゃん

「コスプレ」が趣味のDちゃんも、マッチングアプリを使って出会った人と結婚したそうです。

「今まで付き合った恋人に、趣味のコスプレが理解されなかった」というCちゃんは、マッチングアプリのペアーズで「コスプレのコミュニティ」で知り合った男性と出会い、トントン拍子で結婚!

Cちゃんの夫はカメラが趣味で、コスプレも一緒に楽しみながら応援してくれているそうです。

趣味が合う人とリアルで普通に出会うのは難しいですが、マッチングアプリではコミュニティが無数にあり、趣味の合う人と簡単に知り合うことができます。

「結婚してもコスプレが続けられるし、夫の理解もあって良かった」と、Cちゃんは幸せそうでした。
お互いの趣味を通じて出会うと結束が深まり、「この人じゃないとダメ!」と感じられるようですね。

 

私は婚活に夢中すぎて無趣味でしたので、ペアーズのコミュニティを活用することはありませんでした(笑)
まさか「コミュニティ」が重要ポイントだったなんて知らなかった・・・!
 

マッチングアプリをうまく活用できれば、結婚はできる!?

マッチングアプリは「高身長がいい」「次男がいい」「理解してほしい趣味がある」などと、具体的な希望がある人には、とても便利なサービスかと思います。

けれども、私のように騙されやすくて優柔不断なタイプは、マッチングアプリで「出会いすぎ沼」にハマり、時間の無駄になってしまうこともあります(笑)

マッチングアプリは誰でも登録できるぶん、変な人も一定数混じっていますので、トラブルに巻き込まれないようにするなどの自衛は必要です。
しかし、それを理由に「マッチングアプリを一度も使ったことがない!」という人は、正直もったいないと思います。

マッチングアプリを使えば、いつものように暮らしていては出会えない人と簡単に出会えます。

私自身は、マッチングアプリで結婚はできませんでしたが、たくさんの男性と出会ってみて、男性を見る目を養うことができました。

「私はこういう人とならうまくいくかも!」と自己分析することができて、マッチングアプリを卒業。

そして、職場で出会った男性と結婚することができました。

たくさん遠回りをしましたが、多くの出会いと発見をくれたマッチングアプリには感謝しています。

しかし、「もう一度婚活をやれ!」と言われたら…、私はもう、マッチングアプリは使いません!(笑)

マッチングアプリで結婚できる?
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG