早起きのコツを伝授!早朝ウォーキングで4キロ減量したアラサーの体験談

早起き、それは永遠の課題。

早起きは三文の徳」ということわざがあるように、
誰だって「早起きすれば良いことがある」と分かっているのです。

朝活」がブームになり、各地でコミュニティが生まれるほど。

それでもなお、世界中で尽きることのない「朝起きられない…」の声。

ずっと夜型人間だった私も、「早起きなんてむり…」と思っていました。
早朝から遊びに行くときは早く起きられるけど、その日だけで習慣にはなりません

でも今は、あるきっかけから、朝型生活に切り替えられています。

朝型生活を始めて気付いたのは、早起きはまさに「良いことだらけ」だということ。
そのひとつが、早朝ウォーキング。さらに、続けたら4キロ痩せたことです。

そんな私の体験談をもとに、早起きのコツを考えてみましょう!

どんなスケジュールで早起きした?きっかけは?

朝型生活といっても、人によってそのスケジュールはさまざま。
早い人は、4時起き、3時起きなど「まだ夜じゃん」と思える時間帯に起床している人もいますよね。

私の場合は、5時~5時半に起床し、7時半に家を出るスケジュールです。
では、朝型生活のスケジュールや、そのためのモチベーションときっかけをご紹介します。

夜は22時には寝る

夜は、遅くても22時には布団に入るようにしています。
我が家には小さな子どもがいるので、21時頃に寝かしつけをして、そのまま寝落ちしてしまうパターンも多々…

もちろん、飲み会に参加したり、遅くまで仕事をしたりする日もあります。
しかし、イレギュラーが重なっても、習慣ができていれば、1~2日でルーティンを戻すことができるのです。

私はもともと寝付きは良くないタイプのため、すぐには寝付けないときもしばしば。
そんなときは、音楽を聴きながら寝ます
眠れる音楽を流してくれるアプリや、itunesでサティの「ジムノペティ」を流して目を閉じると、だいたい気付いたら朝なのです…。

朝5時~5時半に起床

朝は、いつも5時~5時半頃に起床します。

目覚ましは、スマホのアラーム。
目が覚めてからは、以下のようなスケジュールで過ごすことが多いです。

5時~6時 自由時間(メールやSNSのチェック、仕事、ウォーキングなど)
6時 家族が起床
6時半 朝ごはん
7時 夫と長女が通勤&登校
7時半 私と次女が通勤&登園

時間に余裕を持ちたくて始めた朝型生活は、目的を達成できています。

カメラを持ってウォーキング

早起きを始めたきっかけは、「朝の写真を撮ること」でした。

私は写真が趣味なので、普段から一眼レフカメラを持っていろんな場所に出かけています。

写真って、光がとても大事なんです。
中でも、自然の光、とりわけ朝の光は、たまらなく美しく写ります

朝の光の中で、近所の風景や植物の写真を撮りたい!と思ったことをきっかけに、
早起きをして近所をウォーキングするようになりました。

うっかり2か月で4キロの減量に成功!

はじめは、写真を撮ることが目的だったので、近所をうろうろと歩き回るだけでした。
それが、だんだんと距離を伸ばしていったのです。

いつの間にか、毎朝カメラを持って5kmほど歩く「早朝ウォーキング」になっていました。

それを始めた季節は春だったので、とにかく外の空気が気持ち良かったです。
だんだんと続けていくうちに、体調が整い、体も軽くなりました。

久しぶりに体重計に乗ってみたら、なんと4キロ減っていたんです!
ダイエット目的で始めたわけではなかったけど、ラッキーなことに楽しく痩せられたんですね~。

ちなみに、今現在は毎日ウォーキングをしているわけではありません。
でも、早起きはそのまま習慣となりました。

早起きのコツは?

おそらく、「早起き習慣が続かない…」と悩んでいる人の多くは、モチベーションと気合で早起きをしているんじゃないでしょうか。

でも、モチベーションって、どんなに楽しいことでも、そう長くは続かないもの。

早起きのコツは、「気合がなくてもできることの習慣化」にあるんです。
私が早起きを習慣化できたポイントは、次の5つのコツを実践したからだと分析しています。

コツ①:早く寝る

早く起きるためには、なによりも早く寝ることがいちばんです。
基本的な「早寝早起き」ですね。

私の場合は、早朝にウォーキングという適度な運動をしているので、ほどよい疲労感によりすっと眠れることが多いです。
寝る前にスマホやテレビの画面を見ないほうがいい、とよく聞きますが、難しいのが現状です。

コツ②:何のための早起きか考える

「早起きすること」を目的にするのではなく、
「何をするための早起きなのか」を考えるといいでしょう。

何のために早起きしたいのか、朝起きたら何をするのか、眠りに落ちる前にルーティーンをシミュレーションするのがおすすめです。

私は、眠りに落ちる前に、
「明日は5時に起きて、カメラを持ってウォーキングに行こう…
いつものルートとは違う、海のほうに行ってみよう。
明日の朝は快晴の予報だから、きっと波がキラキラ光ってきれいな写真が撮れるはず…」
のように頭の中でシミュレーションをします。

これを、眠る直前に考えるのがポイントです。

コツ③:カーテンを開けて寝る

寝る前に部屋の電気を消したら、カーテンを開けて眠るのがおすすめです。
カーテンを開けておくと、朝になると陽の光が入ります。

太陽の光を浴びると、ふしぎと気持ちよく起きられるんですよね。
人間の体には、自然の力が大切なんだなーと感じています。

コツ④:朝の準備がはかどる工夫をする

布団に入る前に、朝の準備をしておくとスムーズです。

たとえば私の場合だと、朝にウォーキングに出るつもりなら、次のような準備をしてから寝ます。
・着る服を出しておく
・持っていくカメラを出しておく
・カメラは充電しておく
・カメラのSDカードは入れておく

「着替えるのがめんどくさい…」という気持ちをできるだけ解消するための工夫や、
「さて動くぞ!…あっ、あれ忘れてた…」と出鼻をくじかれる可能性があることについては、事前に準備しておくようにしています。

小さなことですが、この準備の有無でかなり動けるようになるんですよ。

コツ⑤:とりあえず2週間続けて習慣化させる

習慣化させるには、とりあえず2週間続けることが大切です。
2週間続けることができれば、体にリズムが染み付いてくるのだそうです。

「三日坊主」という言葉があるように、継続することってとても難しいんですよね。

「これからずっと早起きし続けるぞ!」と思うと果てしなく遠いですが、
とりあえず、まずは2週間続けてみよう」と思えば、挑戦のハードルも下がるのではないでしょうか。

まとめ:早起きは三文の徳。小さなことからひとつずつ実践してみて

私は、早起き生活を始めて、まさに「3つの良いこと」がありました。

①自由に使える時間が増えた
②生活リズムが整い、体調が良くなった
③体重が減った

本来の目的は①のみでしたが、結果的に②、③の効果もあり、良いことばかりです。

気合いだけで早起きを続けるのは難しいと感じている人は、小さな工夫を積み重ねてみてください。
そして、とりあえず2週間続けて習慣化させましょう。

早起き生活、おすすめですよ!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG