独占欲が強い彼氏の特徴5選!なぜそうなるのか心理から上手な付き合い方をご紹介

「自分の彼氏の独占欲の強さに驚いている」

「独占欲が強すぎて、どう対応したら良いのかわからない」

今この記事を読んでいる方の中に、自分の彼氏の独占欲の強さに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

自分への愛情の強さの表れではあるものの、行き過ぎた独占欲は息苦しさを感じてしまいますよね。

そこで今回は、独占欲の強い彼氏の心理と、上手な付き合い方をご紹介します。彼氏の独占欲の強さに悩まされているという方は、参考にしてくださいね。

独占欲が強い彼氏の特徴

まずは、独占欲の強い彼氏の性格について知ることから始めましょう。特徴を5つご紹介します。

自分の彼氏にあてはまる項目があるかどうか確認してみてくださいね。

特徴①完璧主義である

独占欲の強い男性は、妥協することが苦手で、自分の思い通りに物事を進めようとする傾向があります。自分へ厳しいだけでなく、周りにも厳しいというのが大きな特徴。

当然、彼女に対しても自分の理想をかなり押し付けるので、一緒にいるだけで息苦しく感じてしまうかもしれませんね。

彼女の服装や髪型、メイクなども彼の好みのものを指定されたりと、彼にとって理想の彼女であることを強要されます。また、「自分のことを100%大好きな彼女」を求めるので、彼女に対する独占欲は自ずと高いものになるでしょう。

完璧主義の彼は、どんなことでも自分が正しいと考えているので、独占欲の強さを指摘しても認めることはありません。

特徴②感情的になりやすい

独占欲が強い彼氏の多くは、短気で感情的になりやすい人です。ちょっとしたことで怒り出し、相手が謝罪してもすぐに許すことはありません。

自分中心に物事を考えているので、思い通りに動かないものに対して強い苛立ちを感じてしまいます。自分の立場やプライドを一番大事にするので、彼女に対しても様々なことを強要し怒鳴り散らすことも。

彼女のことが好き過ぎて独占しているというよりは、「彼女なんだから〇〇だろう」という彼の理想・固定観念からはみ出すと気に入らず、苛立ってしまうようです。

彼女への愛情ではなく自分への強い愛から起きる感情なので、厄介です。

特徴③人を見下す

独占欲の強い男性は、基本的に自分が一番だと考えています。そのため、自分以外の人を見下し、雑に扱うでしょう。それは大切であるはずの彼女に対しても変わりません。

自分が一番だと考えているため、彼女をアクセサリーのように扱う方も多く、友人に対しての態度よりも扱いはさらに雑に。

彼女にとって自分が絶対的な存在でいるために、自分以外の人と仲良くするのを禁止したり、会うことを禁止するなどの強い束縛へと発展することも珍しくありません。

気づいた時には、彼氏以外の人とは一切関わることがないよう、仕向けられていることも。もちろん、彼女の交友関係への配慮はほとんどありません。男性の友達に会うことはもちろん、女性の友達に会うことも難しくなるケースがほとんどです。

自分だけを崇拝し、ずっと大好きでいてくれるような彼女を望んでいるので、見下すようなタイプの彼氏とのお付き合いはかなり息苦しいと言えますね。

特徴④束縛気質である

人に対する支配欲や依存心が強いというのも、独占欲が強い男性ならではの特徴。独占欲が強く依存心が強いので、当然強い束縛を好みます。

恋人は自分が支配し束縛をして良い存在だと思い込んでいるので、悪びれる様子もありません。

自分のことだけを好きでいてくれるであろう彼女に依存しきった結果、彼氏の独占欲の矛先が彼女に全て向いている状態と言えます。自分のしていることが束縛だということに気づいていないケースがほとんど。

お付き合いをしているのであれば、多少の束縛はあるかもしれません。しかし、元カレや男友達との関係だけでなく、同性の友人との関係にまで口を出してくる場合は要注意。

異常な束縛を彼女に向けている状態だという意識を持ちましょう。

特徴⑤彼女のスケジュールを把握したがる

独占欲の強い彼氏は「自分の彼女は自分だけのもの」という意識が強いので、彼女についてのことで知らないことがあるのは許せません。

24時間365日知っておきたいし、一緒にいたいと考えるでしょう。友人との予定も、誰とどこで何をするのかまで把握したがります。自分の知らない彼女の時間があることが許せないので、事細かに聞いてくることでしょう。

スケジュール共有アプリやGPS機能を使用し、予定の共有を望みます。友人や家族との予定を追加するたびに難色を示すようになり、疎遠になってしまうケースも。

スケジュールを把握され、全ての予定を彼に事前に報告しなければならない空気になる前に、早い段階で手を打つ必要があるでしょう。

独占欲が強くなってしまう理由

独占欲が強くなってしまうのには理由があります。元々の性格に由来しているものや環境や経験によって、独占役が強くなってしまったケースなど様々。

独占欲が強くなってしまう理由として上げられるものを4つご紹介します。彼氏に当てはまるものがあるかどうか確認してみましょう。

理由①プライドが高いから

支配欲が強い男性のほとんどはプライドが高いと言えるでしょう。

自分だけが常に正しいと考えているので、周りの意見を聞くこともありません。プライドが高すぎることで、周りの人は全て自分の価値観に合わせれば良いという考えに至っているのです。

彼のためを思って言ってくれた意見ですら聞き入れないので、友達の数もかなり少ないようです。周りの人のサポートを必要としていないということも原因の一端。

自分自身が周囲との関係を蔑ろにするので、あなたの周りの交友関係などに配慮することもありません。

また、プライドが高いため、どんなことでも常に一番でいようとします。もちろん、一番近い存在となる彼女にその矛先は向くでしょう。

うまく付き合っていくためには、彼のプライドを尊重しつつ、自分の意見を上手に伝えられる女性である必要があります。

これは元来の性格が由来しているものになり、改善するのはかなり困難。彼の性格を変えるのではなく、あなたが彼の扱いに慣れるという方向で考えると良いでしょう。

理由②彼女が好きすぎるから

大好きな人と、ずっと一緒にいたいと考えるのは当然のことです。もちろん、時間が許すのであれば、彼だけでなくあなた自身もそうしたいことでしょう。

しかし、プライベートな用事や学校や仕事など、どうしても離れなければならない用事があれば、一時的に離れる必要があります。彼の世界が彼女だけで構成されている場合、彼女と離れている時間は耐え難い時間に。

離れたくないという思いが強すぎるためパートナーを「所有物」のように認識するようになり、強い束縛へと繋がる結果になります。

彼女のことしか見えなくなっているため、独占欲が高まってしまっている状態にあると言えますね。

理由③浮気された経験があるから

浮気された経験がある方は、独占欲が強くなり束縛をし始める傾向にあります。過去にお付き合いした方に裏切られた時の心の傷が癒えておらず、信用すること自体がトラウマのようになっている状態にあると言えるでしょう。

好きになった相手に裏切られたことにより、「裏切られないように縛り付けないといけない」という間違った思考に陥ります。過度な束縛は「裏切られたくない」という彼の思いの表れであり、安心するまでにかなりの時間がかかります。

もちろん不安だからといって相手を独占して良い訳ではありません。しかし浮気をされたことによるトラウマが引き起こしているものであれば、心の底からあなたを信用し安心させることで彼の束縛や不安を解消する可能性があります。

理由④精神年齢が低いから

「好きなものを独占したい」という考え方は、幼い子供が抱く感情でもあります。

欲しいおもちゃがあれば泣き、大きな声を出すという子供の行動と何ら変わりありません。独占欲が強い彼氏は考え方が幼稚で、精神的に成熟していないということが言えるでしょう。

独占したいという強い負の感情は、大人になるに連れて自然とコントロールできるようになるものです。恋人を完全には支配できないことは大人になっていれば理解できるはずなので、独占したい気持ちがあっても彼女を尊重しグッと堪えるでしょう。

しかし、彼女を独占したいという気持ちを理性で抑えることが出来ないため、束縛したり彼女を縛り付けてしまう結果に。

彼女がどんな気持ちになるかよりも、自分の感情を優先している精神年齢が低い人だとも言えるでしょう。

独占欲が強い彼氏の対策

独占欲が強い彼氏を持ったからと言って、すぐに別れなければならないという訳ではありません。対応を工夫することで素敵な彼氏へと変化する可能性が十分にあります。

独占欲が強い彼氏への対策を4つご紹介!是非、参考にしてくださいね。

対策①隠し事をしない

彼氏の知らないことを増やさないというのがかなり有効です。聞かれてから答えるのではなく、彼に聞かれる前に知りたがりそうな情報を提示してあげましょう。

独占欲が強い彼氏に必要なのは「信用してもらうこと」です。

あなたの行動が「問題ないもの」であることを伝えるために、多少面倒でも情報の開示は積極的に行いましょう。浮気をしたりしないということを、行動で証明するというようなイメージですね。

スマホで位置情報を共有するサービスの利用やLINEの内容を見せるなど、無理のない範囲で、彼を安心させてあげましょう。

対策②たくさん話をする

彼氏としっかり話をすることが非常に重要です。束縛されたり強要された時にどのように感じたのかを彼にしっかり伝えましょう。

「自分ひとりで過ごす時間が1日に1時間は必要」や「〇〇日は自宅で映画を見てるよ」などと細かく伝え、安心させてあげてくださいね。その際に、理由を詳細に伝えることで納得してもらいやすくなります。

自分がしたいことや感じたことを細かく彼に伝えることで、彼はあなたのことをより深く理解するでしょう。不安な気持ちを拭うことが出来れば、独占欲の強さも解消されるかもしれません。

自分の気持ちをしっかり伝え、あなた自身を理解してもらえるよう努めてくださいね。

対策③愛情表現を増やす

彼氏に対する愛情をとにかくたくさん伝えるようにしましょう。独占欲が強い方の場合、「自分の愛情」が「相手の愛情」を大きく上回っているのではと不安に感じるようです。

上記の場合、あなたの愛情が足りないと感じている状態にあると言えますね。普段は恥ずかしくて伝えられないという方も、勇気を出して「好き」と伝えましょう。

行動で伝えているつもりでも独占欲が強目の彼氏は、上手に受け取ることができていないのかもしれませんね。彼に好きだと伝えることで、「自分と同じくらい彼女は好きでいてくれている」と感じ安心するはずです。

また、独占欲は「不安」から生まれることがほとんどなので、彼氏を抱きしめるのも有効。人は抱きしめられることで「安心感」を得ることが出来ます。繰り返し安心感を与えることで、彼女を独占したいという気持ちが収まり、束縛などの症状も次第に治まってくるでしょう。

愛情表現を増やし、彼氏に安心感を与えるよう努めてくださいね。

対策④夢中になれる趣味を提供する

趣味が一切ない男性は、多趣味な男性と比較すると独占欲が強い傾向に。愛情が分散することなく彼女に集中してしまうことも1つの原因と言えるでしょう。

夢中になれるようなことを見つけると、興味が分散し、独占欲が緩和される可能性が高まります。自分の趣味を彼に共有するような形で引き込んでいくのが良いでしょう。

アウトドアや旅行など、一人でも二人でも楽しめるようなものを選択すると良いですね。プラモデルや映画鑑賞にハマるケースも多くあるので、様々なものを試し、彼の様子をうかがいましょう。

独占欲が強い彼氏を理解し、上手に付き合おう!

独占欲が強い彼氏は扱いが難しいので、上手に付き合って行くにはコツが必要です。束縛が激しいので、お付き合いを続けて行くこと自体無理なのではと迷ってしまうかもしれませんね。

しかし、独占したいと思うほどあなたのことを愛していることも事実。対応の仕方によっては、素敵な彼氏に生まれ変わる可能性は十分にあります。

独占欲が強い彼氏を理解し、上手に付き合っていけるよう工夫を凝らしましょう!

 

▼関連記事▼
長続きするカップルには○○がある!?ずっと一緒にいる秘訣って?

恋人と別れたい時に使えるサインの出し方4選。傷つけずに別れる方法は?

価値観が合わない彼氏と上手に付き合うためには?◯◯な人とは別れよう!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG