付き合ってないのに家に来たがる男性の心理と対処法って?

付き合ってない男性から、「家に行きたい!」なんて言われたら困惑しますよね。

 

「家行きたい!って言われても・・・付き合ってないんですけど・・・」
「何で家に来たがるの?ただのカラダ目当て?」
「え、その前に言うことあるんじゃないの?」
「好きだから来るの?遊びたいから来るの?」

 

男性の意図を考えてしまって、疲れてしまう女性も多いのではないのでしょうか?
気になっている男性はもちろん、どうでもいい男性に言われても、何と答えていいか分からない・・・。

 

変に断って「自意識過剰」と思われるのも嫌だし家で遊んで手を出されるのも嫌だし・・・。

せめて、男性が何を考えているのかが分かれば、こちらも対処しやすくなりますよね。

 

付き合っていないのに家に来たがる男性は何を考えてるの?
「家に行きたい!」って言われたら、私はなんて答えるべき?

 

今回は、そんな疑問にお答えします!

 

付き合ってないのに家に来る男性の心理

付き合う前に家にくる男性の心理としては、次の3つがあります。

 

  • もうすぐ付き合えると思っている
  • カラダ目当て
  • ただの友達だと思っている

 

誘ってきた彼がどのパターンに当てはまってるかを考えて、今後の参考にしてください!

 

もうすぐ付き合えると思っている

正式に付き合う前に、家デートを提案して相手の様子を見ている場合があります。

何回かデートを重ねた男性から「家に行きたい」と言われたり、毎日連絡を取っている中で誘われたときは、この可能性が高いでしょう。

 

「両想いだと思うけど、確信が持てない」
「付き合う前に、家での過ごし方を知りたい」

 

男性は、家に行きたい!と言ったときのあなたの反応を見て、両想いかどうかを確かめています。
「家に来てもいいよ」と言われたら、「自分のことが好きなんだな」と男性は考えます。

 

また、あなたの家に行くことで、ずっと一緒に過ごせる相手かどうかを見極めることもできます。

家での過ごし方・部屋の綺麗さ・どんな家事をしているのかをチェックして、自分に合うかどうかを判断したうえで、告白を考えているかもしれません。

 

女性と気軽に遊びたい(カラダ目当て)

「出会って間もないのに、家に来たいと言われた」
「何回もデートしているのに、決定的な言葉を言ってくれない」

このような場合は、「カラダ目当て」の可能性があります。

 

「女性から家デートをOKされる=手を出してもいい」と考えている男性です。

色んな女性と遊びたい、「彼女」という存在に縛られたくない等の理由から、2人の関係をあいまいにしたまま、カラダだけの関係を持とうとしています。

 

女遊びが激しい男性の特徴として、「ボディタッチが激しい」・「色んな女性に声を掛けている」・「会話に女性の影がある」などがあります。

男性同士ではあまり行かない所(スイーツバイキングなど)に頻繁に行っていたり、色んな女性になれなれしくしている人には要注意です!

 

ただの友達だと思われている

ただの友達だと思われており、あまり深く考えず「家に行きたい!」という男性もいます。

 

男性が読みたい本や好きなゲームがあり、一緒に楽しみたいと思っていたり、女性の兄弟がいて、異性の部屋に入ることに抵抗がない人です。

小学生の頃、なぜか女性とばかり遊んでいる男の子がいましたよね?
そのまま大きくなったのが、今の彼かもしれません。

 

ですが、どちらも大人の男女。

男性は女性と違い、「男女の友情」は簡単には成立しません。

 

家に行くまでは「友達」だと認識していても、2人っきりで過ごしていると「異性」として意識できるのが男性です。

「私達、友達だよね!」という言葉にとらわれすぎないでくださいね。

 

「家に行きたい!」と言われたときの対処法

男性から「家に行きたい」と言われたら、どのように対処するべきなのでしょうか?

 

その男性と今後どのような関係になりたいのかを考えて、OKを出すか断るかを考えましょう。

 

両想いの場合・片想いの場合・全く興味がない場合に分けて対処法をお伝えしますので、ご自身が納得できる方法を見つけてください!

 

両想いの場合

両想いであることが分かっている場合は、家に来てもらいましょう。

家に呼ぶことで、自分の趣味や家での過ごし方を相手に理解してもらうことができ、男性の振るまい方も確認できます。

 

「家で一緒にいても苦痛じゃない人」かどうか判断することが、これから付き合っていく上で大切なこと。

彼との将来を考えるためにも、家に呼んで様子を見ましょう。

 

ただし、1つだけ注意をすることが。

男性は、「家に呼んでもらえる=カラダの関係になってもOK」と思っている可能性が高いです。

2人の関係をはっきりさせたい人や、「付き合って欲しい」という言葉がないと不安になりそうな人は、どんな状況になっても断る勇気を持ちましょう。

 

その場の雰囲気に流されてしまいそうな場合は、前もって「恋人しか家に呼ばないようにしている」と伝えて、相手の反応をみてください。

誠実な人であれば、家に来る前に告白してくれるはずです。

 

自分の片想いの場合

自分は好きだけれど、相手がどう思っているか分からないときもありますよね。

そのような状態で家デートを提案された時は、自分の気持ちを基準に考えてみてください

 

適当に遊ばれるのは嫌だ!と思う人は、家に呼ぶのを止めましょう
脈は無さそうだけど諦めきれない場合は、家に来てもらって、いつもと違う自分を見せるのもアリです。

 

ただし、家に呼ぶときは、ただ遊ばれる可能性があることも考慮しておきましょう。

どんな形でも彼と繋がっていたい
彼との思い出を残したい

このように、自分が傷つくことも考えて、それでも一緒にいる覚悟ができた時のみ、家デートをOKしてくださいね。

 

相手に興味がない場合

相手に興味がない場合は、「断る」の一択です。

力の弱い女性にとって、男性を家に呼ぶのはリスクの高いこと。

 

ほとんどの場合、「家に来たがる男性=あなたに好意を持っている人」です。

家に来るのをOKすることで、あなたも同じ気持ちだと勘違いされてしまいます。

 

家に呼んでもらったのに、関係を深めようとすると断られてしまう
告白しても、はぐらかされてしまう

また、家に呼んだにも関わらずあとから距離を取ろうとすることで、男性から「自分の気持ちをもて遊ぶ女性」と思われる可能性もあります。

「裏切られた!」と思われるだけでなく、家を知っていることで、何度も訪問されたり、嫌がらせをされてしまうことも

 

相手が上司だったり、お世話になっている人であったりと、何となく断りづらい場合もあるかもしれません。

ですが、自分の身を守ることが何よりも大切です。

「家が散らかってて・・・」、「親に怒られるので」など、断りやすい理由を考えておいて、来て欲しくないという気持ちをはっきりと伝えましょう。

 

家に呼ぶときは、彼とどうなりたいかを考えて!

付き合っていないのに家に来る男性は、もうすぐ付き合えると思っていたり、色んな女性と遊びたいと思っている人がほとんどです。

中には、ただの友達だと思っている人もいるかもしれませんが、家で遊んでいるうちに、異性として意識される場合もあります。

 

男性の考えとしては、「家に呼んでもらえる=カラダの関係になってもOK」ということ。

「家に行きたい!」と言われたら、自分がその人とどんな関係になりたいのかを考えましょう!

 

これから付き合いたいと思っていたり、カラダの関係だけでもOKだと考えている場合は、家に呼んで様子をみてください。

2人の関係をはっきりさせてから関係を持ちたい、先に言葉が無いと不安になりそうな人は、事前にその気持ちを伝えた上で、相手の反応を伺いましょう。

相手に全く興味がない場合、はっきりと断るのが正解です。

 

家を知られるのは、女性にとってリスクの高いこと。

色々な可能性を考えた上で、彼を家に呼ぶかどうかを決めてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG